Macの専門家

macsoftare.exblog.jp

Mac os Xの環境で使えるソフトウェアを探してみましょう。

皆さんは「上級者のように、自由に動画を編集したい?」と思ったことがあるのか。

パソコンには保存した動画ファイルが非常に多く、一つにまとめたらいいな。ビデオファイルに余計と思われるシーンをカットできればいいな。SNSやYouTubeにアップロードした動画のように、動画に音楽をつけられるといいな。そんな瞬間が一度や二度。三度四度あるのではないだろうか。

この記事では、ビデオ編集機能、やり方、使いやすさによっておすすめされた、動画編集ソフト無料版を厳選してランキング形式で紹介している。動画編集ソフトフリー版を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

動画編集におすすめ無料ソフトはこれ!選び方、ビデオ編集機能、やり方を徹底比較

ネットで検索してみると、無料で動画を編集するソフトは多種多様で、どっちを選ぶべきか分からない人は多い。

本記事では、高画質・無劣化で動画を編集できる無料ソフトを厳選して紹介する。それらのビデオ編集ソフト無料版がどんなビデオファイルやエフェクト効果を追加できるか紹介している。

おすすめ動画編集ソフト無料版を紹介する前に、「動画編集ソフトフリー版選びのコツ(選び方)」について紹介したい。

Part1:上級者が教える動画編集ソフト無料版の選び方

1)初心者?中級者?上級者?

動画編集ソフトフリー版では様々な編集機能を持つものがあり、「どんな動画を作りたい?どのような編集をしたい?」使用目的を明確するのが大切。

例えば、初心者なのに、Premier Proをおすすめする。中級者~上級者なのに、Windowsムービーメーカーをおすすめする。適切な動画編集ソフトを使わないため、挫折したり、楽しく動画を編集できなかったり、貴重な時間を無駄にする。

2)カット/トリム?フィルタ/エフェクト付け?字幕追加?

動画を編集するには、どのような効果を到達するのか?例えば、カット=動画から不要部分を削除する、トリム=動画から必要な部分だけを切り出す、フィルタ=動画を美しく加工する、エフェクト=動物、山、風、雪など。

だから、お使いの動画編集ソフト無料版は期待される効果を到達できるか否か事前にチェックする必要がある。

3)動画編集ソフト無料版は無料じゃない?

無料で動画を編集できるソフトといったのに、利用中では多種多様な制限があり、作業が上手く進められないことがよくあるよね。無料という意味は、無料体験である。だから、動画編集ソフトを選ぶ前、フリーソフトか無料体験版ソフトかまず確認してみてください。

4)入出力ファイル対応形式

今まで使っている動画編集ソフトフリー版、例えば、Windows ムービーメーカーではいくつビデオファイル(デジカメで撮った動画/.mp4/)を入力することができない。失敗しないために、ムービー編集ソフト無料版をダウンロード・インストールする前に、ソフトウェアの仕様を確認しておくべきだと思う。

5)対応OS

今お使いのコンピューターOSに対応しているかどうか事前に確認する必要がある。例えば、64ビットOS、macOS Mojave、Windows10。対応していないOSで使用してトラブルが発生したり、元のビデオファイルを壊れることがある。

6)サポート体制/アフターサービス

初心者が無料で動画を編集する場合、サポートは非常に重要。初心者であるため、初めて動画を編集し、この動画編集ソフト無料版の使い方、編集やり方などを詳しく分からないことがある。万が一障害、エラーが発生した際には、ソフトウェア側が迅速に対応してもらえるか否かソフトを選ぶ時に重要なポイント。

Part2:初心者から上級者まで使える動画編集ソフト無料版おすすめ

動画編集ソフトの利用を始めたばかりの人もいれば、慣れてきてもっと効率化できないかと考えている人もいるだろう。

そこで今回は、初心者から上級者まで、使える動画編集ソフト無料版を厳選してご紹介する。

【初心者向け】無料で動画を編集する方法~macXvideo

macXvideoは、すべては、あなたの想像を超えるために。先進的なテクノロジー、エフェクト機能、動画編集機能、そしてアフターサービスへの飽くなき情熱で、業界に先駆けた製品や体験、そして新しい領域を挑戦しDigiartyだからできる、最高技術システムとなることを目指す。

公式サイト:https://www.macxdvd.com/macxvideo/index.htm

【初心者向け】:はい

100%無料】:はい

【入出力ファイル対応形式】:

入力ビデオファイル:MP4、MOV、MKV、M4V、FLV、DIVX、XVID、HEVC、H.264、AVI、MPG、MPEG、VOB、3GP、3G2、WMV、ASF、RM、RMVB、QT、DAT、OGV、WebM、DVR-MS、VRO、MXF、TOD、MOD、M4P、AVCHD、MTS、M2TS、TS、DV、F4V、VPX8、G2M4、ICOD、YUV411、MP2V

入力オーディオファイル:MP3、M4A、WMA、WAV、OGG、AC3、AAC、AIFF、FLAC、APE、MKA、AU、M4B、M4R、AA、AAX、M4P

出力ビデオファイル:4K、HEVC、H.264、MP4、MKV、AVI、WMV、MOV、M4V、MPEG2

出力オーディオファイル:MP3

出力デバイス:iPhone、iPad、Android

【対応OS】:最新macOSとWindows10

【サポート】:弊社又は製品に対して、何かご意見或はアドバイスがあれば、こちらのサポートチームと連絡して、お気軽にお聞かせください。

macXvideoは、カット/クロップ/トリム/字幕追加/エフェクト付け/クリップ回転/動画圧縮/動画トランスコード/音声ファイルトランスコード/タグ付け/アルバム情報・名前を変更できる。更に、Intel/Nivida/AMDといったビデオエンコード・デコード技術を導入し、爆速且つ無料で動画を編集できる。

以下では、この初心者向けの動画編集ソフト無料版をダウンロードインストールして、動画にフィルタ・エフェクト効果を追加する操作手順を紹介する。

Step1:「+Video」アイコンをクリックして、フィルタ・エフェクト効果を追加したいビデオファイルを読み込ませる。

Step2:ビデオファイルが読み込まれたら、「Effect」をクリックして、「effect」画面が表示される。

Step3:スライドバーをドラッグし、「フィルター・エフェクト一覧」から好きな効果を選択する。

Step4:フィルター・エフェクトを確認したら、「Done」をクリックする。

Step5:後は、メイン画面に戻し、一番下側には様々な出力ファイル形式が並べ替えて、一つを選んで出力ファイルの保存先を指定してから、「RUN」ボタンをクリックすれば、無料で動画を編集する作業が始まる。

後は、保存先フォルダを開き、フィルター・エフェクトを追加されたビデオファイルを確認できる。

更に、macXvideoはもちろん、Avidemux、Windows ムービー メーカー、iMovieなどといった動画編集ソフト無料版がある。

【中級者向け】無料で動画を編集する方法~AviUtl

AviUtlは、KENくんが個人で開発された動画編集ソフト無料版である。動画編集ソフトフリー版の新しいカタチ。使うほどになじむ。動画を編集するほどに、手放せない。この高度な編集機能と圧倒的な性能。この動画編集ソフトフリー版の導入からしてハードルが高く、使いこなすことができれば素晴らしいだと思う。

公式サイト:http://aviutl.info/intro/

【中級者向け】:はい

100%無料】:はい

【入出力ファイル対応形式】

入力ビデオファイル:avi、mpg、mp4、flv、dv

入力オーディオファイル:WAV、MP3、WMA、M4A、OGG、FLAC、AAC

入力画像ファイル:bmp、jpg、jpeg、png、gif

出力ビデオファイル:MP4、MK4

出力映像コーデック:H.264

出力オーディオファイル:AAC、LPCM、MP3、Vorbis、ALAC、FLAC

【対応OSWindows 10、Windows 7、Windows 8.1

【サポート】:AviUtlは個人で開発された動画編集ソフト無料版であるため、サポートセンターといったものは存在していない。AviUtlを使ってトラブル/不具合にあったら、質問サイト又は代わりになれるものしか使えない。

AviUtlは、グループ制御、時間制御、音声波形表示、フレームバッファ、直前オブジェクト、パーティクル出力、シーンチェンジ、カメラ制御、部分フィルター、シャドーで影を付け、図形追加、制御文字(テキストオプジェクト)、自動バックアップ、設定ダイアログ移動、読み込める拡張子を増やす、合成効果、エイリアス(.exa)などといった高度な機能を持つ。

以下では、ビデオ編集ソフト無料版AviUtlを使って、拡張編集プラグインのエイリアス(.exa)保存方法を紹介する。

Step1:保存したいオプジェクトの設定ダイアログで、「右クリック」⇒「設定の保存」⇒「現在の設定でエイリアスを作成する」の順でクリックする。

Step2:後は、「エイリアスの作成」画面が表示され、「エイリアス名」欄では保存したい名前を入力し、「格納フォルダ」欄では分類したいフォルダ名を入力すればOK。確認したら「OK」をクリックする。

Step3:それで、AviUtlフォルダの中に先ほど入力された「格納フォルダ」⇒「エイリアス名.exa」と作成された。

【上級者向け】無料で動画を編集する方法~Lightworks

Lightworksは、動画編集業界に広がる強固な利用者数と豊富で高度な機能を連携され、既存の市場を超えて、新たな領域を切り拓いていく。

以前は上級者向けの有料動画編集ソフトでしたが、現在は会員登録するだけで100%無料で動画を編集できるようになっている。機能は多種多様で無料だが有料ムービー編集ソフトと肩を並べるほどの高機能さを実現している。

【上級者向け】:はい

100%無料】:はい

【入出力ファイル対応形式】

入力形式:ProRes、Avid DNxHD、AVC-Intra、DVCPRO HD、RED R3D、DPX、AVCHD (with AC3 audio)、H.264、XDCAM EX / HD 422

【対応OS】:macOSとWindows

【サポート】

製品/お使いの動画編集ソフト無料版に関しては、何かご不明点があったら、公式サイトにアクセスしてサポートセンターにお問い合わせください。

Lightworksは、たくさんの動画編集素材を持ち、タイムラインの拡大/縮小表示、ファイルを短くする、分割カット、プレビューウィンドウでタイムラインをチェックする、音楽BGM追加、ボリューム調節、タイトルにテキスト/テロップを入れる、動画を書き出す、動画の範囲を設定する、画面切り替え(トランジション)を追加、モザイク掛け、エフェクトを追加することが可能。

以下では、プロ/上級者向け動画編集ソフト無料版Lightworksを使って、タイトル(テキスト・テロップ)を入れる操作手順をご紹介する。

Step1:まず、公式サイトからこの動画編集ソフトフリー版をダウンロード・インストールする。インストールが無事に完了されたら、Lightworksを起動してください。「Create a new project」のNameに名前を付けて、左下の「Create」をクリックする。プロジェクト画面が表示されたら、画面左にある「Tools」の「Create a new edit」をクリックする。プレビューウィンドウと、タイムラインが表示され、「Import clips or edit from files」をクリックする。編集したい動画ファイルを選択し、「import」とクリックすればOK。

Step2:テキストを表示させたい動画を右クリックしてeffects⇒Add⇒Titles⇒Titlesの順でクリックする。

Step3:動画の上側には「Lightworks」というテキストが表示され、右のプレビュー画面の右のタイトルエディットでは、Typefaceを日本語フォントに変更し「Title」に好きな文字を入力できる。

Step4:プレビュー画面の上側のテキストをマウスで掴んで場所を移動できるし、テキストエディターの「Position」、X・Yを弄て正確な位置に移動できる。

Step5:テキストエディタの「Shadow」や「outline」を使ってテキストに枠などを追加できて更に見やすくなる。

Part3:【まとめ】使用用途にあった動画編集ソフト無料版を選ぶ

無料で動画を編集できるソフトウェアは色々とあったが、この中では、初心者/中級者/上級者それぞれに適しているものがある。

最初にビデオ編集ソフト無料版を利用する方は、macXvideo/iMovie/Windowsムービーメーカー/Avidemuxの方が取り扱いやすく、手軽に完成できる。

一方、優れた操作性、高い自由度を持つ編集機能、軽い動作などを要求する中級者や上級者に対しては、macXvideo/iMovie/Windowsムービーメーカー/Avidemuxはやや劣る。Blender(3Dアニメ創作)/AviUtl/Lightworksの方が素晴らしい。

だから、自分にとってはベストなムービー編集ソフト無料版が見つかれば、デジタルライフが楽しくなれる。


[PR]
# by laura1988 | 2018-06-19 13:09 | 動画変換

iPhoneに保存していたYouTube動画/FC2動画/ニコニコ動画/DMM動画/Avgle動画/bilibili動画からMP3を抽出して保存して、オフライン環境でもバックグラウンドで視聴できるようにしていみたいと思わないかい。iPhone動画から音声を高音質で取り出して、BGM/着信音に作成したいのか。CDは持ち運びにくく、CDを汎用性が高く音質が良い拡張子.mp3に変換してiPhoneに取り込んでオフライン環境下でも視聴したいのか。

みなさんご存知の通り、MP3は非可逆圧縮のため劣化を元に戻すことはできない、CD並の音質を保ったまま、約10分の1程度までサイズを圧縮できるフォーマットである。高音質でサイズも1曲約3~5MB程度と小さくて、iPhoneやポータブルプレーヤーやウェブなどで広く利用されている。

使いやすい動画をMP3に変換するiPhoneアプリを探している場合は、この記事を読めば良いものを見つけられるかも。

MP3変換アプリiPhone 用おすすめ|高音質でYoutube/FC2動画/ニコニコ動画をMP3に変換する

ポータブルデバイスの普及により、国内外含めiPhoneで動画を観たり、音楽を視聴する人は多くなってきた。

お気に入りのYoutube/FC2動画/ニコニコ動画/bilibili動画/avgle/bilibili動画の中で流す音楽が大好きで、音声を抽出して.mp3に変換してiPhoneでオフライン環境で視聴したいのか。Youtube音楽をBGM代わりとして利用されている人は多く、iPhoneからYouTube音楽を.mp3に変換したいのか。通信量を節約できるし通信速度制限を回避するために、iPhoneで音楽をバックグラウンドで再生したいのか。もしそうでしたら、お気に入りの動画/音楽を.mp3拡張子に変換保存できるiPhone用アプリを使えばOK。

このページでは、お気に入りの音楽/Youtube/FC2動画/ニコニコ動画/bilibili動画/avgle/bilibili動画をMP3に変換するiPhoneアプリをランキング形式でまとめてみた。

ご注意:違法アップロードされた動画や音楽のダウンロードを推奨してはいなくて、ご利用の際は自己責任でお願いする。

MP3変換アプリiPhone:ビデオ2ミュージック

販売元】TAIKI HIRATA

【サイズ】:12.2MB

【対応機器】:iOS9.3以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応

【言語】:日本語に対応

【価格】:無料

ビデオ2ミュージックは、動画を音楽・音声ファイルに変換できるアプリ。更に、このiPhone用MP3変換アプリは、動画ファイルを音楽ファイルに変換できるだけではなく、プレイリストを作成したり、作成した音楽ファイルをバックグラウンド再生したり、音楽ファイルをお友達やご家族に共有したり、音量を調節することが可能。

だが、バナー広告、全面広告などといった広告画面が時々表示され、少し面倒くさいと思う。

Step1:おすすめのMP3 iPhone変換アプリをダウンロードしてインストールする。お使いのiPhoneに無事インストールされた後、アプリケーションを起動し、メイン画面に「動画を音楽に変換」ボタンをタップし、.mp3に変換したい動画ファイルを選択する。

Step2:選択した後、動画をMP3に変換する作業が始まる。少し時間がかかり、少々お待ちください。

Step3:.mp3に変換した後、「曲名の入力」画面が表示され、自分が好きなスタイルで入力して「次へ」とタップする。

Step4:「成功」といった画面が表示されたら、操作が完了。お友達やご家族に変換された.mp3ファイルを共有する場合は、「送信」とタップし、そうしない場合は、「キャンセル」とタップすればOK。

Step5:後は、音楽ファイル一覧でiPhone用MP3変換アプリを使って先ほど変換された音声ファイルを確認できる。

MP3変換アプリiPhone:音声抽出-動画TOオーディオ動画から音声抽出

【販売元】:Nobutaka Yuasa

【サイズ】:27.5MB

【対応機器】:iOS9.3以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応

【言語】:日本語に対応

【価格】:無料

初心者でも使いやすいiPhone用MP3変換アプリ。写真アプリに保存している動画ファイルを選択し、抽出時間、ファイル名、フォーマットを設定し、.mp3に出力できる。更に、共有機能を持ち、抽出した.mp3ファイルをほかのアプリケーションで開いて、シェアできる。

しかも、.mp3に変換するだけではなく、.aifc/.aiff/.caf/.m4a/.wavといったオーディオフォーマットにもサポートしている。使い方も超簡単で、3ステップだけで動画をMP3に変換できる。

Step1:App StoreからこのMP3 iPhone変換アプリをダウンロードしてインストールする。

Step2:インストールが完了したら、アプリケーションを立ち上げ、写真アプリから保存しているビデオファイルを選択する。

Step3:スライドバーをドラッグし残す場所を確認し抽出時間を指定する。

Step4:確認したら、ファイル名、ファイルフォーマット(.mp3)を選択して、「抽出」ボタンをタップすればOK。

MP3変換アプリiPhoneMP3抽出-動画を音楽 音声ファイルに変換する

販売元】min he

【サイズ】:59.6MB

【対応機器】:iOS8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応

【言語】:日本語に対応

【価格】:無料

製品名の通り、MP3抽出に特化されるアプリケーション。動画に含まれる音声を、音声ファイル(.mp3/.wma/.aiff/.ogg/.m4aなど)に書き出し、このiPhone用MP3変換アプリ内で再生したり、メール添付して送信したりすることができる。

「カメラロールの動画を.mp3に変換しか使っていなくても、とても使いやすい」「オリジナルのままで高音質で動画から音だけを抽出した」と評価される。

Step1:このMP3 iPhone変換アプリを起動し、メイン画面の下部にある「+」をタップしてから、「カメラロールからのインポート」をタップし、動画ファイルをアプリケーションに取り込ませる。

Step2:取り込んだ動画ファイルをタップし、下部からメニューが表示される。「変化」とタップし、「デフォルトモード(mp3)」と「アドバンスモード」二つの項目があり、初期設定の状態では「デフォルトモード(mp3)」を選択すればOK。「アドバンスモード」は設定を変更して変換を行うモードである。自由に選択する。

Step3:変換が完了したら「変換したファイル」にmp3ファイルが現れる。そのファイルをタップすれば再生や共有などが行える。

MP3変換アプリiPhoneXochi

【販売元】:Tida Inc.

【サイズ】:27.9MB

【対応機器】:iOS10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応

【言語】:日本語に対応

【価格】:無料

Xochiアプリは、YouTube/ニコニコ動画/Dailymotion/FC2動画/bilibiliなど多くの動画サイトにサポートし、それらサイトから動画をダウンロードすることはもちろん、プレイリスト作成機能を持ち、音楽プレーヤーとして最高に使える。MP3 iPhone変換アプリとはちょっと違うけど、機能的にやっていることは同じ。

更に、共有機能もあり、作成したプレイリストをお友達やご家族にシェアできる。ただし、一つ残念なのは、安定性が低い。

Step1:Xochiをダウンロードしてインストールする。Xochiのメイン画面では「新しいプレイリストを作成」ボタンをタップし、お気に入りの曲を検索して追加する。

Step2:再生中に動画のサムネイルとダブルタップすると、動画の部分が拡大され、動画再生プレーヤーとして使える。

MP3変換アプリiPhoneiSafePlay

販売元】Fung Kam Keung

【サイズ】:170.6MB

【対応機器】:iOS 9.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応

【言語】:日本語に対応

【価格】:無料

iSafePlayの最大な特徴は、Youtube動画をダウンロードできる点。iPhoneだけではなく、iPadやiPodでも動作できる。

YouTubeの動画をオンラインからダウンロード・保存して、動画をMP3に変換するiPhoneアプリとして最も人気がある。ただし、動画ダウンロードからmp3変換まで少し手間がかかる。それ以外、特定のファイルをダミーの暗証番号などを使って隠すことができる。

Step1:iSafePlayを立ち上げ、iSafe内のブラウザからYoutube公式サイトにアクセスして、動画のURLをコピーする。

Step2http://youtube-lect.jp/mp3-convert-pc にアクセスして、動画をMP3に変換する。変換された後の.mp3ファイルをiSafePlayの機能で保存するといった手順が必要。

MP3変換アプリiPhone:音声抽出、動画ファイルから音声ファイルを変換し抽出

【販売元】:Xinggui Zhang

【サイズ】:1.89MB

【対応機器】:iOS8.0以降

【言語】:日本語に対応

【価格】:有料(240円)

音声抽出に特化されるiPhone用MP3変換アプリ。デザインが直感的で、使い勝手も良く、2~3ステップだけで動画ファイルから音声を抽出することができる。手軽に映画からお気に入りの芸能人の声、やBGM(背景音楽)を抽出できる。動画をmp3に変換するiPhoneアプリでありながら、動画をm4a/wma/ogg/aiffなどのオーディオフォーマットにも変換できる。

だが、広告が頻繁的にポップアップするデメリットがある。

Step1:このMP3 iPhone変換アプリをダウンロードしてインストールする。

Step2:ローカルアルバム又はiTunesから動画ファイルをこのiPhone用MP3変換アプリに読み込ませる。

Step3:変換したい動画ファイルが読み込まれたら、色々なオーディオフォーマット(mp3/m4a/wma/ogg/aiff/m4p/wmvなど)が現れ、ここでは.mp3をタップする。

Step4:タップした後、動画をMP3に変換する作業が始まる。少々お待ちください。

MP3変換アプリiPhoneVideo2Mp3

【販売元】:Mai Yamazaki

【サイズ】:11.7MB

【対応機器】:iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応

【言語】:日本語に対応

【価格】:無料

Video2Mp3は、使いやすいMP3変換アプリiPhoneで、最大な特徴は動画ファイルを音楽ファイルに変換する所。更に、YouTubeにアップロードされている動画を.mp3にも変換できる。変換作業もとても便利。デメリットと言えば、このiPhone用MP3変換アプリはよく全面広告が入る所。

Step1:まず、このMP3 iPhone変換アプリをダウンロードしてインストールする。無事にインストールされた後、アプリを立ち上げ、右上にある「▼ボタン」⇒「選択」をタップする。ビデオファイルからMusicCloud/iZip/Dropboxなどから読み込まれる。

Step2:「変換済みのmp3」に変換された音声ファイルが現れたら、左へスライドして「共有」ボタンをタップすればOK。

Step3:プレイリストを作成したい場合は、MusicCloudを最初に開く時、メディアライブラリを読み込む。読み込むとiPhoneのミュージックにある曲とダウンロードした音楽を組み合わせてプレイリストを作成することが可能。

MP3変換アプリiPhoneiConv

【販売元】:Evan Hurst

【サイズ】:69.9MB

【対応機器】:iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応

【言語】:日本語に対応

【価格】:無料

ビデオ&オーディオコンバーターとして最も有名なMP3 iPhone変換アプリである。3GP/FLV/MP4/MOV/MKV/AVI/MPG/MPEG/MXFなどといった動画ファイルをMP3に変換できるだけではなく、AAC/WAV/AIFF/OPUSなどのオーディオファイルにも変換できる。しかも、動画ファイルに対しては、音声抽出はもちろん、動画圧縮、効果追加も可能。使い勝手が良く、素早く動画をMP3に変換するiPhoneアプリだと評価される。

Step1:まず、このMP3 iPhone変換アプリをApp Storeからダウンロードしてインストールする。完了したら、アプリを起動する。変換したいビデオファイル/オーディオファイルをアプリケーションに読み込ませる。

Step2:ファイルが読み込んだ後、出力プロファイルから.mp3を選んでください。

Step3:変換した後、Eメール/メッセージなどでお友達やご家族に共有できる。

MP3変換アプリiPhoneMyMP3 - Convert videos to mp3 and best music player

【販売元】:Local Network Media, S.L.

【サイズ】:13.4MB

【対応機器】:iOS 7.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応

【言語】:日本語に対応していない

【価格】:無料

このiPhone用MP3変換アプリMyMP3 - Convert videos to mp3 and best music playerは製品名の通りで、日本語には対応していなくて、英語、カタロニア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語だけで表記される。しかし、デザインはシンプルで、ほとんどすべての動画を.mp3に変換できる。そして、変換された.mp3ファイルを共有したりほかのアプリケーションで開いたり、iPhoneでバックグラウンド再生したり、アーティスト情報や曲情報を編集することが可能。

動画をMP3に変換するiPhoneアプリを使いこなして、デジタルライフを楽しみ尽くそう

2018最新MP3 iPhone変換アプリおすすめ人気ランキングとして、様々な機能を持つものを紹介した。いかがでしたか?使ってみようと思えるiPhone用MP3変換アプリは見つかっただろうか。

MP3変換アプリiPhoneはただのツールで、目的は高音質・無劣化でファイルからお気に入りの音楽を取り出すこと。この記事をきっかけに、iPhoneで保存した音楽ファイル/YouTube動画から.mp3に変換できて嬉しい。

いくつかの海外アプリを紹介したので、英語しか表記できなくて、英語アレルギーなら、ほかのアプリケーションを一度お試し下さい。


[PR]
# by laura1988 | 2018-06-01 18:12 | 動画変換

近年、iPhoneなどのポータブルデバイスで動画を視聴するのが当たり前となっている。デバイスを持ち運びながら、移動時間中でもお気に入りの動画を視聴できる。ただし、大量の通信量が浪費する。

iPhoneのデータ通信量を節約するために、見逃した動画をツタヤディスク/ゲオ/DMMなどのレンタルサービスからレンタルして、DVDをiPhoneに取り込めばいい。それで、データ通信量を使わずに、いつでもどこでもDVD動画を視聴でき、とても便利だろう。

だが、iPhoneをDVDプレーヤーに変わるには、どうすればいいだろうか。検索してみると、iPhoneをポータブルDVDプレーヤーに写すことができるが、DVDドライブといったものを利用する必要がある。

以下では、2018 iPhone向けDVDドライブをまとめてみて、有線/ワイヤレス両方があり、視聴スタイルに合わせて選択する。それで、外出先・移動中でもお使いのiPhoneでDVDを再生できる。

PC必要なし、iPhoneをポータブルプレーヤーに写し|iPhoneと繋がるDVDドライブおすすめ

PCを使わずに、iPhoneでDVDを再生できる方法と言えば、DVDドライブ(有線LAN/wifi)を利用するのが一般的。iPhone DVDドライブを利用して、場所に縛られなくてiPhoneと無線/有線LANと接続すればレンタルDVDを視聴でき、PCも使わずに設定・操作が非常に簡単。

では、ロジテックDVDドライブを始め、iPhoneをポータブルプレーヤーに写せ、iPhoneと繋がるDVDドライブを厳選してご紹介する。

iPhone DVDドライブ:LDR-PS8WU2BKW

【重量】:1.1kg

【カラー】:黒

【対応機器】:iPhone6s/6s Plus/6/6 Plus/5c/5s/5/4s/4、Nexus/FleaPhone/Xperia Z Ultra/Ascend/Galaxy S5など

【動作環境】:iOSバージョン:5.0.1~8.1、Androidバージョン:2.3~5.0.2;

【タイプ】:外付型Wi-FiポータブルDVDユニット

【リード対応メディア】:DVD-R、DVD-RW、DVD-R DL、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DL、DVD-RAM

【公式サイト】:http://dl.logitec.co.jp/index.php?pn=LDR-PS8WU2BKW

【価格】:6,980円

このポータブルiPhoneと繋がるDVDドライブは、Wi-Fiを使ってDVD-Videoを視聴することができる。背面にはPCと接続するためのminiUSBとUSBメモリ等を刺して読み込めるコネクタがついている。接続方法も簡単で、iPhoneからWi-FiでDVDドライブへ接続する設定をして、DVD本体の裏面にSSIDとパスワードが記載されていて、Wi-Fiの設定画面を開きSSIDを選択してパスワードを入力すればOK。

iPhone DVDドライブ:LDRW-PS8WU2PCBK

【重量】:310g

【カラー】:ブラック

【対応機器】:iOS8.0以降のiOS端末/Android4.2.2以上(32bit、64bit)のAndroid端末

【動作環境】:iOS 8.0以降、Android 4.2.2以降

【タイプ】:ワイヤレスDVDドライブ

【リード対応メディア】:レンタルDVD、音楽CD

【公式サイト】:http://www.logitec.co.jp/products/dvd/ldrwps8wu2pcbk/index.php

【価格】:9,800円(税込・送料込)

このiPhone向けDVDドライブとMOVERIOはワイヤレス接続でレンタルDVDを再生できる。スマートグラスでリビングや寝室など、どこでも視聴できる。更に、Wi-Fi接続で、車の中でもお気軽に映画を再生したり、PC不要・ケーブル不要でDVDを再生したり、ワイヤレスDVDプレーヤーになりインターネットを経由しないで映画やドラマなどの様々なコンテンツを見られる。

iPhone DVDドライブ:アイ・オー・データ CDRI-L24I

【重量】:721g

【カラー】:ホワイト

【対応機器】:iPhone X/8/8 Plus/7/7 Plus/SE/6s/6/6 Plus/5s/5c/5、iPad/iPod

【動作環境】:インターネット接続環境が必要

【タイプ】:外付け

【リード対応メディア】:CD-ROM、音楽用CD-R/RW、DVD-R/RW、ライト対応メディアは音楽用CD-R/RW、DVD-R/RW

【公式サイト】:http://www.iodata.jp/product/smartphone/goods/cdri-l24i/index.htm

【価格】:税込12,800円前後

アイ・オー・データ CDRI-L24Iは、PCを使わずにLightningケーブルで接続してiPhoneにDVDを読み込める。更に、このiPhone DVDドライブは、Wi-fi設定もいらず、CDレコとLightningケーブルでiPhoneを接続するだけ。アプリインストール後は都度アプリを立ち上げる必要なく、超簡単で取り込みたいDVD/CDをiPhoneに取り組めるようになった。

iPhone DVDドライブ:ワイヤレスドック APS-WF01J

【重量】:200 g

【カラー】:ホワイト

【対応機器】:iPhone/iPad/iPod touch

【動作環境】:Mac OS X 10.7~macOS High Sierra 10.13、Windows XP~Windows 10

【タイプ】:ワイヤレス

【リード対応メディア】:BD/DVD/CD

【公式サイト】:http://pioneer.jp/pcperipherals/bdd/products/aps_wf01j_2/spec/

【価格】:1万1700円

iPhoneと繋がるDVDドライブであるほかに、BDドライブ/CDドライブとも利用されている。パイオニアのAPS-WF01J-2にはHDDを内蔵しながら、USBポートもあり、ここに接続したUSBメモリーやHDDなどのへ動画を取り込めるという仕組み。それ以外にも、光学ドライブを使った音楽取り込み、USB機器の無線化といった便利な機能を持ち、移動中でも音楽/動画/DVDを鑑賞できる。

iPhone DVDドライブ:DVDミレル

【重量】:約660g

【カラー】:ホワイト

【対応機器】:iOS 8以上、Android4.2.2以上

【動作環境】:インターネット接続環境が必要

【タイプ】:ワイヤレスドライブ

【リード対応メディア】:CD-ROM、DVD-ROM(1層/2層)、DVD-R、CD-R、CD-RW、DVD-RW

【公式サイト】:http://www.iodata.jp/product/smartphone/goods/dvrp-w8ai/spec.htm

【価格】:9,670~13,800円

このiPhoneと繋がるDVDドライブをよく知っているだろう。DVDビデオ再生(デジタル放送を録画したDVD-Rなどを除く)はもちろん、音楽CDをiPhoneにも取り込めるワイヤレスドライブ。最大な特徴は、無線LANを使ってiPhoneと接続することができる所。それで、お風呂に入る時、テレビのなし部屋にいる時、お気に入りのレンタル/市販DVDを視聴できる。

いかがでしたか。iPhoneでオンライン動画を視聴できる時代になったとは言え、DVDドライブと接続して購入したDVDをiPhoneに取り込める。それで、パソコンを要らなくていつでもどこでもDVDディスクを鑑賞できる。

一方、パソコンを使わないメリットがあったものの、本体価格が高く、ディスクを正常に読み込めなく、ディスクを認識できないデメリットがある。

だから、iPhone向けDVDドライブの代わりに、PCを持っている方に対して、DVDドライブではなくソフトウェアの方が便利だと思う。しかし、パソコンを持っていない場合は、やはりiPhoneと繋がるDVDドライブの方がいい。

iPhone DVDドライブ認識できない/iPhone DVDドライブ接続できない時の対処方法

外付けDVDドライブなら、電源ケーブルがあり、サイズも大きく重くて、外出先ではちょっと不便だと思う方はいるだろう。また、最も重要なのは、ドライブヘッドの故障かディスクにはコピーガードがかかっているか、iPhoneではこのDVDドライブ認識できなく、DVDディスクをiPhoneに取り込むことは無理。

以下では、パソコンをお持ちの方に向け、iPhoneにDVDを取り込むソフトウェアをご紹介する。

MacX DVD Ripper Mac Free Editionは優れたDVD取り込みフリーソフトで、CSS、UOP、RCE、リージョンコード、ソニーARccOS、ディズニーX-projection DRM、最新アダルト/フィットネス系コピーガードといったコピーガード付きDVDをサポートし、DVDをiPhoneX/8/7/6s/6/SE/5s/5に取り込めるだけではなく、DVDをMP4、MOV、M4V、H.264、FLV、WMVなどといったフォーマットに変換できる。

更に、Intel QSV/Nvidia/AMDというビデオエンコード専用処理機能、マルチコアプロセッサ、ハイパースレッディング・テクノロジー、インターレース解除などといった先進的な機能を備え、爆速・無劣化でiPhoneにDVDをインポートできる。

Step1:iPhone DVD取り込みフリーソフトMacX DVD Ripper Mac Free Editionをダウンロードしてインストールする。無事にインストールが完了したら、ソフトウェアを立ち上げ、メイン画面にある「DVDディスク」をクリックし、DVDディスクを読み込ませる。DVDがソフトウェアに読み込まれたら、「ソースDVDディスクを選択する」画面が表示され、初期設定では「自動検出」にチェックを入れて、このままで「OK」をクリックする。

※「自動検出」のままでうまくいかない場合、「強制ISOにチェックを入れてもう一度試してみてください。

Step2:出力プロファイル画面が出て、iPhoneにDVDを取り込む場合は、「Appleデバイス」⇒「iPhone動画へ」⇒「iPhone X(H264)」⇒「完了」とクリックする。

Step3:「ブラウザ」をクリックし、出力ファイルの保存先を指定できる。

Step4:確認したら、右下にある「RUN」ボタンをクリックし、DVDをiPhoneに取り込む作業が始まる。iPhone DVD取り込み作業が無事に完了したら、「完了」をクリックし、保存先のフォルダが開いて、すぐに先ほど出力したファイルを確認できる。

【まとめ】

iPhone DVDドライブを利用するメリット:

① 、PC不要

② 、DVDディスクを動画ファイル(iPhoneで扱えるビデオフォーマット)に変換する必要なし

③ 、設定が非常に簡単で、初心者でもすぐに使いこなせる

iPhone DVD取り込みフリーソフトを利用するメリット:

① 、価格(値段)が手頃

② 、ソフトウェアだから、ドライブより故障する可能性が低い

③ 、機能が豊富で、ほぼすべてのDVDディスクをサポートし、iPhone/iPad/iPod/Android端末などといった今流行っているデバイスに出力できる

④ 、出力される映像ファイルの画質・音質がオリジナルと同じで、無劣化で視聴できる


[PR]
# by laura1988 | 2018-06-01 18:10 | DVDリッピング

Mac動画編集ソフト有料版の方が良い!!

まずは、手始めに無料のMac動画編集ソフトを使い始めて少し慣れてくると、機能不足や使い勝手の良いソフトに乗り換えたくなるだろう。無料の動画編集ソフトは色々な制限があり、無料より有料動画編集ソフトMac版の方がありがたみを感じている。

Mac映像編集ソフト有料版を選ぶメリット理由↓↓↓

① 、エフェクト機能が多い。

有料動画編集ソフトMac版の多くはエフェクト機能が豊富なものが多い。無料の映像編集ソフトが備える機能を持つのはもちろん、その他には中級者向け/上級者向けの機能もたくさん備えている。

② 、広告はなし

無料のMac動画編集ソフトを使うたび、広告がよく出ているよね。うざいと思うのか。無料のソフトは利益をあげるために広告や課金制度といったコンテンツがある。一方、有料動画編集ソフトMac版を選ぶと、お金を払っているから広告を表示する必要もなくなる。スムーズに映像を編集できる。

③ 、有料であってもお手頃価格

低価格(0円が理想)といったものを使いたいが、機能などには制限があるため、お手頃価格で自由に行えるMac映像編集ソフト有料版の方がお得。有料といっても、大体は4000円くらいのものである。生涯まで使える。

Mac動画編集ソフト有料版を選ぶ時に注意すべきポイントは?

高画質・無劣化でMacで動画を編集するには、使用用途にあったソフトウェアを選ぶのが大切。Mac動画編集ソフト有料版を選ぶ時、何か注意すべきだと思うのか。性能、値段、使い勝手、動作の軽さなど色々検討する項目はあったが、正確に何を基準に購入したらよいかしっかり把握できている人は少ないと思う。

それに、Mac映像編集ソフト有料版を購入した後、生涯まで使えるものである。購入する前には自分の使用用途をよく考えて購入できるようにしっかり検討する必要がある。

そのために以下では、有料動画編集ソフトMac版の購入を検討する場合に注意すべきポイントをまとめてみた。

、使用用途に合わせて選ぶ。

使用用途に合わせて選ぶのは、自分が動画をどのようにしたいのかよく考えること。音声取り出し、一部分の動画を抜き出し、エフェクト追加、字幕追加、不要なシーンを削除、複数の動画ファイルを一つにする。使用用途に必要な機能があるか確認する。

、手元の動画ファイルに対応しているか

Macbook Air/Macbook Pro/iMac/iMac Proに保存している動画ファイルを編集したくて、使い慣れているマック動画編集ソフトはそのファイル形式には対応していなくて、読み込み途中に失敗してしまったことがある。Mac動画編集ソフト有料版の多くはかなり広範囲にカバーしていたが、稀に古い機器で撮ったフォーマットに対応していないこともあるのでご注意ください。

Mac動画編集ソフト有料版の処理速度

処理速度が遅く、ソフトウェアを起動する時から動画編集を無事に完了するまでに非常に時間がかかったり、動画を編集する同時に他の作業を行えなくなる。このようなMac動画編集ソフト有料版を利用することは意味なし。

、価格(値段)

Mac動画編集ソフト有料版を購入する時、価格(値段)が選ぶ時に迷っている人は多い。安ければ故障する確率が高くなるかも、高価でありながら不具合が発生する可能性が低い。特に、安価でたくさんの機能を備えるソフトウェアを注意すべき。安いものには安いなりの理由がある。

Mac動画編集ソフト有料版おすすめランキング|価格使いやすさ動作の軽さエフェクト機能から厳選

価格・使いやすさ・動作の軽さ・エフェクト機能などでMac映像編集ソフト有料版を比較する。ちょっと不安で編集した動画ファイルを高画質・無劣化で出力できないと心配する方へ。安全でしかも無劣化・高画質で出力できる有料動画編集ソフトMac版を厳選してご紹介する。

おすすめMac動画編集ソフト有料版 MacX Video Converter Pro

Mac動画編集ソフト有料版おすすめランキング第1位は言わずと知れたMacX Video Converter Pro。このMacで動画を編集する有料ソフトは使いやすさ、多機能、ビデオエンコード専用処理技術すべてを備え、総合的ソフトウェア業界NO.1といっていい。

【対応OS:最新macOS

言語】:日本語に対応

価格】:3680円(キャンペーン開催中、2950円で入手可能)

機能】:

■ 音量(ボリューム)調整、外部字幕追加(.srtファイル)、カット・トリム、クロップ&拡張、動画回転、倒立した動画を直す、タイトルを合併、パラメーター調整・編集、動画圧縮を行える。

■ Macで動画を編集することはもちろん、動画変換機能と動画ダウンロード機能も備えている。320+ビデオと50+音声コーデック、350+出力プロファイルを内蔵するために、手元の動画ファイルをMP4、MOV、MKV、AVI、WMV、FLV、MTS、TS、M2TS、MKV、MP3、AC3、WAVに変換したり、iPhone/iPad/iPod/Android端末/PSP/PS4/ハードディスク/Macに取り込んだり、YouTube、ニコニコ動画、FC2動画、ひまわり、Vemoなどのウェブサイトから動画をダウンロードしたりして、いつでもどこでも視聴できる。

■ 処理速度・出力画質に関しては、Intel/AMD/Nvidia加速機能、高品質エンジン、インタレース解除、安全モード、マルチコアプロセッサーなどといった先進的な技術を導入し、爆速・エラーなしでMacで動画を編集できる。

おすすめMac動画編集ソフト有料版 Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proはadobe社が販売している有料動画編集ソフトMac版で、主に上級者向けのものである。2018年4月にAdobe Premiere Pro CCがリリースされる。

【対応OS:macOS X v10.11、v10.12 または v10.13 日本語版

言語】:日本語に対応

【価格】:3180円(月々プラン)、2180円(年間月々払い)、26160円(年間一括払い)

機能】:

■ ビデオの編集、色調補正、オーディオ調整、新しいプロジェクト作成、ミュージックビデオ制作、ボイスオーバー録音、クリップの長さを調整、ワークスペースを設定、カラー補正などといった高級的な編集機能を持ち、動画編集プロにはおすすめ。

■ 他のAdobeのソフト(例えば、Photoshop、After Effectなど)と高い互換性があり、組み合わせて使えばクオリティの高い動画を作れる。

■  再生速度を早くするオーバークランク(早回し)、スローモーションとするアンダークランクの効果を簡単につけられ、動画を編集しながら効果を確認できる。

おすすめMac動画編集ソフト有料版 Director Suite6

Director Suiteはよく知られている有料動画編集ソフトMac版だろう。世界で数多くの賞を受賞し、最も有名。Director Suite6は初心者に向けるマック動画編集ソフト有料版で、動画だけではなく、写真、音声、映像、色などといったメディアファイルにも対応し、無劣化・高画質で動画を編集できる。

【対応OS:最新macOS

言語】:日本語に対応

【価格】:21,580円/年

機能】:

■ 360度動画を編集できる。手振れ補正、モーショントラッキング、ゆがみのないタイトル、トランジションの適用、スマートなカラー補正、かすみ除去、フリンジ補正、自動リミックス、破裂音除去、自動色調、自動ノイズ軽減、リトルプラネット作成、タイトル/pipオブジェクトを360度動画用に変換、ビデオコラージュデザイナー、オーディオダッキング、Quicktime MOV取り込みなどが手軽に行える。

■ 最大7つのビデオファイルを簡単に一つの画面に分割配置して、スタイリッシュな映像を作成することが可能。分割フレームの自動アニメーションや再生のタイミングを自由に調整することも可能。

■ nVidia、Intel、AMD ハードでの H.265 HEVC のデコーディング技術を持ち、爆速・無劣化でMacで動画を編集できる。

おすすめMac動画編集ソフト有料版 Final Cut Pro X

Apple社が開発したMac映像編集ソフト有料版。360度VRビデオ編集、HDRビデオ編集を行えるために、新Final Cut Pro Xをリリースした。更にiMac Proを使いの方は、新Final Cut Pro Xを使って8Kビデオを編集することも可能。

【対応OS:Mac OS X 10.11.4以降

言語】:日本語に対応

【価格】:34,800円

機能】:

■ タイトル、エフェクト、VR ヘッドセットへのライブ出力機能を使い、没入感のある 360° フィルムを作成、HDR モニタへのライブ出力機能、新しい高機能なカラーホイール、カラーカーブ、ヒュー/サチュレーションカーブでカラーグレーディング、HEVC (H.265) ビデオクリップ/HEIF (High Efficiency Image Format) 写真を読み込み/再生/編集、インターフェイスが拡大/縮小などといった機能を持ち、自由にMacで動画を編集できる。

■ 新Final Cut Pro XはiMovieから進化を遂げ、一段と速く、一段と正確に編集でき、他社製プラグインを活用してあなたのプロジェクトのルックを一段と優れたものにすることが可能。RED、Sony、Canonなどのプロ向けカメラで撮影したビデオの統合も簡単に行える。

おすすめMac動画編集ソフト有料版 Movavi動画編集ソフトMac

初心者でも使えるMacで動画を編集する有料ソフト。初の実行では、操作手順と説明が表示され、手軽に操作できる。多彩な機能を持ち、動画を編集できるだけではなく、動画を録音、ビデオに書き出し、音楽の取り込み、テキストの入力、エフェクト追加、YouTubeに共有することが可能。

【対応OS:macOS10.7以降

言語】:日本語に対応

【価格】:39.95ドル(個人ライセンス4700円、ビジネスライセンス9900円)

機能】:

■ 動画、ウェブカメラの録画、スクリーンの録画、音楽、写真などをタイムラインに追加して、フィルタ、トランジション、テキスト、コルアウトなどを読み込み、素晴らしい動画ファイルを自由に作成できる。

■ Macで動画を編集した後、AVI、MP4、M2TS、MKV、FLVなど様々な汎用の動画形式にエキスポートしたり、iPhone、iPad、Samsung、PSP、PS3、PS4、テレビに取り込んだり、Youtubeにアップロードすることが可能。

■ 80種類以上のビデオエフェクトを内蔵し、自由にビデオ、オーディオを編集し、テキストを追加できる。

おすすめMac動画編集ソフト有料版 VEGAS Pro

Vegas Pro (ベガスプロ)はSony Creative Softwareが開発・販売していたプロフェッショナル向けのノンリニア動画編集ソフトウェアである。最大な特徴は処理速度の速さ、及び直感的な優れた操作性。

【対応OS:最新macOS

言語】:日本語に対応

【価格】:62,000円

機能】:

■ ビデオカット、書き出し、BGM挿入、音量調整、フェードアウト・フェードイン、テキストテロップの挿入、トランジションの挿入、再生スピードを変え、逆再生、タイムラインに配置することが行える。

■ Macで動画を編集することはもちろん、音楽ファイルフォーマットにも対応し、BGM音楽のカット、オーサリング、オーディオ録音/マスタリングなどを自由に完成できる。

■ 4K素材などからHDサイズ(1280×720)のビデオプロキシファイルを作成して、編集に使える。

おすすめMac動画編集ソフト有料版 HitFilm

HitFilm Pro (ヒットフィルム プロ)はFXHOMEが開発されたMac映像編集ソフト有料版で、2Dや3Dコンポジットをはじめ、カラーグレーディングやモーショングラフィックス、ビジュアルエフェクト制作のすべてを実現する。

【対応OS:最新macOSに対応

言語】:英語だけ対応

【価格】:314.10ドル

機能】:

■ 動画編集、VFX、モーショングラフィックス、2D&3Dコンポジット、カラーグレーディングまで、映像制作、映像合成、EPSデータやテキストを3D化にする、モーショングラフィックス、ビジュアルエフェクト制作、360度動画専用エフェクト、キーフレームアニメーションを簡単に行える。

■ 最大な特徴は、エディターとコンポジットショットが統合する所。それで、ソフトウェアを切り替えることなくどちらも同じプロジェクト上で作業ができる。

■ 360度ビデオビューアといった新しい機能を持ちながら、最大8K解像度のUltra HDをサポートした。

おすすめMac動画編集ソフト有料版 Avid Media Composer

Avid Media ComposerはMac動画編集業界ではダウンロード数がNO.1を誇るソフトウェア。ハイレゾ、HDR、HDのワークフローをスピードアップすることが可能。魅力的なビデオを自由に作成できる。この有料動画編集ソフトMac版は主に映画、テレビなどで使われているプロ向け。

【対応OS:macOS10.12及びそれ以降

言語】:日本語に対応

【価格】:2400円以上

機能】:

■ 基本的な動画編集機能を持つだけではなく、マルチカム編集、オーディオダッキング、ハイレゾソースのリフレーム、エフェクト、オーディオプラグイン、ソフトウェアアドオン、素材集、音楽探しなどといった編集機能を持つ。

■ Avid Open I/O、Avidのハードウェア、最大24チャンネルのビデオ・トラックを駆使したストーリー制作、などといった先進的な機能を持ち、高速・無劣化でビデオを出力できる。

■ 使い方がやや複雑で、初心者にはおすすめできない。映画など本格的な制作を志望している方にはおすすめ。

【まとめ】最適な有料動画編集ソフトMac版を選ぼう

以上、①Mac動画編集ソフト有料版を選ぶ理由、②有料動画編集ソフトMac版の選び方、③初心者でも手軽にMacで動画を編集する有料ソフトおすすめランキングをまとめてご紹介した。

いかがでしたか。気になるMac映像編集ソフト有料版を見付かったのか。高速・無劣化で動画編集作業を完成するためには、自分にあった編集ソフトを選ぼう。


[PR]
# by laura1988 | 2018-06-01 18:08 | 動画変換

iPhone脱獄はどういう意味だろうか。それは、Appleが製品に対してかけている制限を解除し、その端末本来の能力を発揮させるための行為である。代表的なものとして、シャッター音を消したり、SIMフリー化したり、iPhoneでAndroid動かしたりすることかな。ご個人的なニーズに応えて、一部の人にとって、新しいiPhoneを入手すると、一秒も早く脱獄作業を行いたいかもしれない。

ところで、iPhone脱獄方法は何か。ご自身の端末のiOSを調べiPhone iOSxx脱獄で検索してみると、脱獄可能バージョンであれば方法が解説されたサイト記事、動画が直ぐ見付かるが、初心者にとって、難しすぎるかもしれない。今回の記事では、誰でもわかりやすくiPhone脱獄方法を説明する。ぜひ読んでみでください。

iPhone脱獄すべきか?まずiPhone脱獄後のメリットとデメリットを見てみよう!

iPhone脱獄のメリット:

(1). 元々は権限のなかったプログラムの一部は、バックグラウンドでも実行できるようになる。

(2). システムの内部を自由に操作可能になる。個人によって、システムを最適化したり、システムファイルを修正したり、高いシステム権限を持つアプリをインストールしたりして、通常より高度な機能を体験することが出来る。

例えば、①.他の端末とBluetoothでファイルを送信、②.SMS受取確認を通知、③.電話を受ける前に発信地域がかわる、④.電話をかける際に相手が応答するとiPhoneのバイブが鳴る、⑤.ファイルを管理、⑥.ブラウザ専用のプラグインをダウンロード、⑦.コンテンツを管理、と様々なである。

(3). ノーマルメニュー画面や待受画面、メニューアイコン、着信音などをまとめて変更できる。

(4).サードパーティのファイル管理アプリを利用して、システムやその他のファイルを柔軟に管理できる。iPhoneをUSBメモリとして使う。

iPhone脱獄のデメリット:

(1).脱獄を維持するために、システムで実行するプログラムの数は増えるので、iPhoneバッテリーの減りが早い。消費電力は約10%から20%もアップしてしまうそうである。

(2).セキュリティ的に危険があって、システムの安定性が低下する傾向がある。システム権限が高くなることによって、システムクラッシュの危険性も増えていく。勿論、クラッシュに至るバグを修正することができるが、再びクラッシュする可能性がある。そのため、システムプログラムなら、使用用途などの詳細情報が知らないうちに、勝手にインストールしないでください。 

(3). iFaithやTinyUmbrellaでSHSHをバックアップしない限り、モバイルファームウェアの最新バージョンがリリースされたばかり、すぐアップデートしないでください。最新版へアップデートすると、脱獄を無効にするかもしれない。その時、iOSのファームウェアはダウングレードもできないので、最新版に対応可能なjailbreakプログラムのリリースを待つしかない。

(4). 脱獄後、相性や安定性の問題か一部のアプリは起動できなくなる。または、アプリのある機能は使えなくなる。

iPhone脱獄を行うのはいいか悪いか?

上記書いた通り、権限と自由度が拡大することによって、システムの安定性に悪影響を及ぼすものである。何より、安定性を重視しているなら、脱獄しないほうがおすすめ。一方、iPhone(iOS)を最大限に活用したい、たとえば、もっと豊富な機能を利用したり、利便性と快適な操作感を感じたいなら、iPhone脱獄をやっても悪くない。とにかく、iPhone脱獄をやるかどうか、あくまでも個人的な意見である。

iPhone脱獄において役に立つツールをまとめて紹介!

iPhone脱獄のメリットとデメリットを了解後、どうやってiPhone脱獄をするかと大事なことである。熟練者と初心者のいずれもにとって、シンプルで効率的なiPhone脱獄方法はあるか。ネットで調べてみると、専用脱獄ツールを使うのが一番手っ取り早い。以下の内容は、2018年にクチコミ評価が高いiPhone脱獄ルーツをまとめてランキング形式で紹介する。


No.1 iPhone脱獄ツール:「DoubleH3lix

DoubleH3lixとは、Tihmstar氏とSiguza氏によって開発されており、64ビット専用iOS 10の任意のバージョンに対応可能な半脱獄ツールである。Siguzaのv0rtexエクスプロイト、KPPバイパス、および全バージョンをサポートするパッチファインダーに基づいている。そして、Cydia Impactorを使用してIPAファイルをサイドロードすることによって動作する。初のパブリック版は2018年3月1日リリースされた。その前の32bit専用iOS 10.0~10.3.3脱獄ツール「h3lix」によって名前を付ける。

DoubleH3lix対応機種

1.iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE

2.Pad Air, iPad Air 2, iPad Pro, iPad mini 2, iPad mini 3, iPad mini 4

3.iPod touch 6

必要な条件:

①.64ビットのiPhone、iPad、iPod touch

②.iOS 10.3.3ファームウエア

③.パソコン(Windows、macOS、LinuxのいずれかもOK)

④.Cydia Impactor

⑤.インターネット接続

DoubleH3lixを使ってiPhone脱獄をする操作手順

step1:インターネットからdoubleH3lix IPAファイルをダウンロードする。

step2:Cydia Impactorをパソコンにダウンロードとインストールしてから、起動する。

step3:ダウンロードしたIPAファイルをCydia Impactorのウィンドウにドラッグする。

step4:画面上の指示に従って、Apple IDのユーザー名とパスワードを入力。

step5:インストールプロセスが完了するまでそのまま待つ。完了すると、doubleH3lixのアイコンがホーム画面に表示される。ただし、直ちにこのアプリを開こうとすると、エラーメッセージが出力されてしまう。

step6:インストールプロセスが完了するまでそのまま待つ。完了すると、doubleH3lixのアイコンがホーム画面に表示される。ただし、直ちにこのアプリを開こうとすると、エラーメッセージが出力されてしまう。

step7:この問題を解決するには、設定アプリを開いて、[設定]> [一般]> [プロファイルとデバイスの管理]まで移動して、あなたのApple IDの電子メールをタップし、前述のアプリを「信頼」する。

step8:脱獄ボタンをタップして脱獄プロセスを開始する。完了したら、Cydiaが画面に表示される。これで、iPhone脱獄の操作手順が無事に終わる。

ご注意:DoubleH3lixを使って脱獄後のiPhoneをリブートすると、脱獄が無効になる。その時、以下の通りにやれば、再び脱獄することができる。

step1:ホーム画面からこの脱獄アプリを起動する。

step2:「Kickstart」ボタンをタップする。脱獄プロセスがこれで開始する。完了すると、再び脱獄の状態に戻る。

No.2 iPhone脱獄ツール:「Pangu

Panguは中国の開発チームによって提供されており、最も強力で完璧に近いiPhone脱獄アプリである。対応可能なiOSバージョンは幅広く、iOS7から最新版までという。使い方はかなり簡単で、ワンクリックしただけで脱獄ができるという仕組み。そして、このアプリは、WindowsやMacを含む複数のオペレーティングシステムで使用できるので、ホストOS側で問題が発生しないはずである。アプリの使用言語はこれまで英語と中国語のみである。日本語化されていないので、操作に不便さを感じる方もいるかもしれない。

Panguは64ビットのiOSデバイスしかサポートしない。なので、iPhone 5はサポート対象外である。Pangu対応機種は以下のように、

1.iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE

2.iPad mini 2, iPad mini 3, iPad mini 4, iPad Air, iPad Air 2, iPad Pro

3.iPod touch 6

必要な条件:

①.64ビットのiPhone、iPad、iPod touch

②.iOS 9.3.3ファームウエア

③.iTunesをインストールしたパソコン(Windows)

④.Cydia Impactor

⑤.インターネット接続

Panguを使ってiPhone脱獄をする操作手順

step1:「iPhone を探す」をオフにする。そして、パスコードの入力なしでロック状態を解除できるようにデバイスを設定する。つまり、パスコードをオフにする。

step2:USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続する。

step3:iPhoneデバイスのロックを解除し、パソコン側で「信頼」を選択する。

step4:Windows用の脱獄ツール「PP/Pangu」のセットアップファイルをダウンロードする。

step5:ダウンロードした「Pangu」ファイルを右クリックし、[管理者として実行]をクリックする。その後、いつもどおりゲームやアプリをインストールするように「Pangu」アプリをインストールする。

step6:インストールが完了すると、アプリを起動する。

step7:「Pangu」は自動的にパソコンに接続したiPhoneを認識してくれる。

step8:”脱獄ツールをインストール”という意味の緑色ボタンをタップする。そして、iPhone脱獄の準備がスタート。

step9:数分後、Apple IDの入力が求められる。安全性のために、偽のApple IDを作成して入力してもいい。そして、緑色のボタンをクリックしてログインする。

step10:数分待つと、「Pangu / PP」アプリがiPhoneのホーム画面に表示される。iPhoneで「設定」アプリを開いて、「一般」>「デバイス管理」に進む。

step11:ここに表示されているプロフィールをタップする。その後、青色「Trust xxx」ボタンを押してから、赤い「Trust」ボタンをクリックする。

step12:iPhone側で「PP/Pangu」アプリを起動する。アプリのホーム画面の丸い枠をタップする。

step13:「スリープ/スリープ解除ボタンを押してデバイスをロックする。しばらくすると、”Panguの起動に成功、脱獄環境が復元されました”という意味の通知が出てくる。

step14:数秒後、Cydiaのインストールが始まる。完了すると、Cydiaを起動して、データをリロードしてファイルシステム領域を準備する。これで、Panguを使ってiPhone脱獄をする操作手順が終わる。

iPhone脱獄iOS12対処法について

現在、2018年に登場予定の最新iOS12に対応可能なiPhone脱獄方法は、現段階ではまだ分からない。一般的にいえば、脱獄アプリの開発チームは、iOS12システムに存在するバグを分析することよって、脱獄のプログラムを開発と配布するのである。なので、iOS12がリリースされないと、iPhone脱獄iOS12対処法が出てこない。勿論、iPhone脱獄iOS12で実行できる方法やアプリは公開されると、素早くその情報をこのページに追加する事を心がけている。


[PR]
# by laura1988 | 2018-05-22 17:19 | ITニュース&機種変更