Macの専門家

macsoftare.exblog.jp

Mac os Xの環境で使えるソフトウェアを探してみましょう。

カテゴリ:データバックアップ( 37 )

iCloudバックアップ復元できないことで困っているのか。 iCloudバックアップ復元できない原因を探しているのか。本文は、 iCloudバックアップから復元する方法を詳しく紹介し、お使いのiPhone/iPad/iPodにあるデータが無損失で復元できる。

iCloudバックアップ復元できない

「iCloudから最新のバックアップからしか復元できないのだろうか」「iPhoneで写真をiCloudバックアップから復元したいが、復元できなかった。パソコンからiCloudにログインして確認してみても、写真だけなぜか見れない。対処方法があれば教えてください。」「iPhoneを機種変更したらiCloudバックアップを使って復元する方法を教えてください。」「Lineのトーク履歴をiCloudバックアップから復元したくて、元通りに復元する方法って何。」とよく聞かれる。

これら問題を解決するため、以下ではiCloudバックアップ復元できない原因(理由)を特定してみる。

iCloudバックアップから復元できない理由(原因)

上述ではiCloudバックアップ復元できない失敗例をまとめて紹介した。検索してみると、iCloudバックアップを使って復元できない主な原因は、サーバーエラーと言われる。その他、様々な原因もある。そこでiCloudバックアップ復元できない原因をまとめて紹介する。

iCloudバックアップ復元できない原因①:機種変更&古いiOS

機種変更でiCloudバックアップを使って復元しようとする際、このiPhoneのソフトウェアが非常に古すぎるため、バックアップ○○○はこのiPhoneの復元にはしようできないといったエラーメッセージが表示されてしまった。古いiPhoneを最新のiOSにアップデートしてから、バックアップ復元を行う時にエラーが発生しない。

iCloudバックアップ復元できない原因②:Wi-Fiネットワーク

iCloudバックアップから復元する作業を無事に完成させるには、安定したWi-Fiネットワークと正常な電源に接続する必要がある。その他、iCloudバックアップを使って復元が終わるまでかかる時間はバックアップされるデータサイズとWi-Fiネットワークの速度に関係がある。

iCloudバックアップ復元できない原因③:Apple ID

iCloudバックアップ復元できない原因のもう一つ目は、Apple IDである。iCloudバックアップが別のApple IDで行われた可能性があり、復元作業を開始する前、お使いのデバイスのApple IDをチェックしてみる。

上記で紹介された原因だけではなく、お使いのiPhoneで過去180日間バックアップを取っていないか、お使いのiPhoneをiCloudでバックアップを一度も作ったことがないか、iCloudバックアップ可能な空き容量が充分にあるのかなどがある。

iCloudバックアップ復元できない時の対処方法

iCloudバックアップ復元が手軽に完成できるため、多くの方々に利用される。だが、iCloudバックアップから復元できなくて、iCloudを使わずに他のソフトウェアを使いたい人はいる。そこで今回ではiCloudバックアップを使って復元できない時の対処方法を紹介する。

iCloudバックアップ復元できない時の対処方法①:MacX MediaTrans

MacX MediaTransは、iPhone/iPad/iPodデータを管理できるソフトウェアで、iTunes不要でも音楽、写真、動画、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなどといった様々なファイルをバックアップ・復元できる。最大な特徴は、データのバックアップ復元速度が一番速い所。

機種変更でiPhoneデータをiCloudバックアップから復元したい時は、このソフトウェアは一押し。

Step1:MacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。ソフトウェアの表記言語はお使いのコンピューターのシステム言語によって変更できる。インストールが完了したら、iCloud代わりになれるデータバックアップ復元ソフトを立ち上げる。

Step2:お使いの古いiPhoneをUSB経由でパソコンに差し込んでください。ソフトウェアのメイン画面にある「写真転送」をクリックする。

Step3:写真転送画面が表示されたら、バックアップしたい「写真」にチェックを入れるか、「すべて選択する」にチェックを入れ、バックアップしたい写真を確認する。「グループ」/「日により」/「月により」と並べ替える。

Step4:バックアップしたい写真が確認したら、「エクスポート」をクリックし、古いiPhoneにある写真をコンピューターにバックアップする。

バックアップが完了したら、MacX MediaTransを使ってバックアップされた写真を新iPhone(iPhone X/8)に復元する。

Step1:コンピューターから古いiPhoneを取り外し、新しいiPhone(iPhone X/8)をUSBケーブル経由でコンピューターに接続する。

Step2:MacX MediaTransのメイン画面にある「写真転送」をクリックし、写真転送画面が表示される。そこで「写真追加」ボタンをクリックし、先ほどバックアップした写真をソフトウェアに読み込ませる。「すべて選択する」にチェックを入れる。

Step3:選択完了したら、画面の右下にある「同期」ボタンをクリックし、写真を新しいiPhoneに復元することが開始。それで、iCloudバックアップ復元できない不具合を解決した。

iCloudバックアップ復元できない時の対処方法②:iTunes

iCloudバックアップから復元できない時、Macの標準アプリケーションiTunesを使ってみる。iTunesが使いづらくても、安定性が高く、使っている人もいる。

Step1:デバイスをバックアップする時にお使いのコンピューターでiTunesを起動する。

Step2:iPhoneをUSBケーブル経由でコンピューターに接続する。「このコンピューターを信頼しますか?」又はデバイスのパスワードの入力を求めるメッセージが表示されたら、画面の指示に従って操作する。

Step3:iTunesにお使いのiPhoneが表示されたらクリックする。

Step4:iTunesで「バックアップを復元」をクリックする。

Step5:各バックアップの日付とサイズを見比べ、最適なものを選択する。

Step6:「復元」をクリックし、復元が完了するまで少々お待ちください。


[PR]
by laura1988 | 2018-04-28 17:49 | データバックアップ

お使いのiPhone/iPad/iPodをiOS12にアップデートした後、不具合が数多くてiOS12から iOS11にダウングレードしたい人は多いだろう。本文は、iOS12バージョンダウン(iOS11戻す)事前準備、注意事項、操作手順、iOS12ダウングレードできない原因、iOS11戻す危険性を詳しく紹介する。iOS11.3.1に戻したい方は、この記事を読んでください。

iOS12不具合が数多くてiOS12からiOS11にダウングレードしたい

6月に開催されたWWDC 2018に合わせて正式版のiOS12がリリースされる。iOS12にはFaceTimeグループトーク/Proモード/スプリットビューなどといった新機能に興味を持ち、いきなりiOS12にアップデートしてしまった。

だが、アップデートによる不具合(例えば、OTAアップデート失敗、リンゴループで起動できない、リカバリーモードになって文鎮化、バッテリーの減りが早すぎ、一部のアプリが使えない、Wi-Fiに接続できない、フリーズ/固まるなど)が数多くて、iOS12ダウングレードしたい人は多くなる。そこで、以下では、iOS12からiOS11に戻す前の注意点・準備作業、及びiOS12からiOS11.3.1にダウングレードする操作手順を詳しく紹介する。

iOS12ダウングレード:iOS12からiOS11に戻す場合の注意点

iTunesバージョン、ファームウェアの配信、Wi-Fi(インターネット)、残りバッテリー容量などといった項目は、iOS12からiOS11にダウングレードさせる前に、必ず確認すべきだと思う。事前に確認せずに、無計画なダウングレードは絶対ダメ。

① 、iOSダウングレードを行うには、前の古いバージョンしかダウングレードできない。だから、iOS12からiOS11にダウングレードする時、iOS11.3.1へのみダウングレードができる;

② 、iOS12バージョンダウン作業を実行するには、パソコン版のiTunesを利用する必要があり、お使いのiTunesのバージョンは最新版であるか予めチェックしてみる。

③ 、iOS12からiOS11にダウングレードする時、Appleの署名したiOS11のファームウェアをダウンロードする必要があるので、ファームウェアの配信が停止される前、ダウングレードを実行する。

④ 、ダウングレードの処理は時間がかかるので、時間に余裕がある時に行う。

⑤ 、iOS12からiOS11に戻すには、データを復元する時、iOS11と同等かそれ以前のバージョンでバックアップしたデータが必要。だから、iOS11でバックアップしたデータがあるかご確認ください。

iOS12ダウングレード:iOS12からiOS11に戻す前の準備作業

iOS12にアップデートしたiPhone/iPad/iPodには不具合が数多くてiOS12バージョンダウンを行いたくなるだろう。だが、以前のiOSバージョンに戻す前、必ず行うべきことがある。これからiOS11.3.1に戻したいと思っている方に向け、正しい操作手順を詳しく紹介する。

iOS12対応機種

iPhoneの場合:iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X

iPadの場合:iPad mini 4、iPad(第5世代)、iPad Air、iPad Air 2、9.7インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第1世代)、10.5インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第2世代)

iPodの場合:iPod touch第6世代

iPhone/iPad/iPodのバッテリー容量をチェック

上述した通り、iOSダウングレードの処理は非常に時間がかかり、iPhone/iPad/iPodのバッテリーが充分に充電されているかご確認ください。ダウングレード作業を行う前、必ずバッテリーの状態をチェック。

安定なインターネット環境

安定なインターネット環境を用意していない場合は、iOS12からiOS11にダウングレードできない。だから、ダウングレード作業をうまく進めるために、ネットワークの設定、インターネットの接続、Wi-Fiの通信状況をチェックしてみる。安定的なインターネット環境を提供する。

Apple純正のLightning USBケーブル

iOS12バージョンダウンを行う前、iPhone/iPad/iPodをLightning USBケーブル経由でパソコンに接続する必要がある。偽造品や模倣品なら、接続が不安定でダウングレード作業も順調的にすすめられない。

iPhone/iPad/iPodDFUモードに設定

DFUモード(デバイス・フォームウェアの更新モード)はiPhoneが起動できなかったり、途中で止まったりした時への対処方法である。だから、USBケーブルをiPhone/iPad/iPodをPCに接続した後、iPhone/iPad/iPodをDFUモードに設定した方がいい。

設定方法:iPhoneをPCに接続してiTunesを起動⇒iPhoneの電源ボタンとホームボタンを同時に10秒押す⇒画面にAppleロゴが表示されたら電源ボタンを放しホームボタンを押し続け⇒15秒後、PC画面にiTunesはリカバリモードのiPhoneを見つけましたと表示されたらOKとクリックすればOK。だが、iPhone7/iPhone8/iPhoneXなら操作手順はそれと少し違うかも。

iPhoneを探す」をOFFに設定

iPhoneユーザーはiOS12ダウングレードを行う前、「iPhoneを探す」をOFFに設定する必要がある。

設定方法:iPhoneホーム画面⇒iPhone設定⇒Apple ID(プロフィール)をタップ⇒icloudを選択⇒「iPhoneを探す」をOFFに設定すればOK。

大切なデータのバックアップを取る

iOS12からiOS11にダウングレードする途中、予期せぬトラブルが発生してしまってデータが全部紛失したことがよくある。だから、データのバックアップを事前に取る必要がある。

iTunesで大切なデータのバックアップを取る方法

Step1:iPhone/iPad/iPodをLightning USBケーブル経由でMac又はWindowsコンピューターに接続する。

Step2:お使いのコンピューターにあるiTunesを起動し、バージョンは最新状態であるかをチェックする。メニュー「iTunes」の「アップデートを確認」をクリックすると、更新情報が確認できる。もし最新バージョンではない場合は、アップデートしてください。「このコンピューターを信頼しますか」とのメッセージが表示されたら、画面指示に従って操作する。

Step3:iTunesのメイン画面の左上側にあるデバイスのアイコンをクリックする。

Step4:Appleの公式iTunes StoreやApp Storeからダウンロードしたコンテンツを保存する。メニュー⇒ファイル⇒デバイス⇒「購入した項目をiPhone/iPad/iPod Xから転送」とクリックする。

Step5:デバイスの「概要」パネルに戻り、「バックアップ」セクションの「このコンピューター」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる。

Step6:更に「パスワードの設定」の画面が表示される。設定するパスワードはバックアップ情報の復元や「バックアップを暗号化」をオフにする時に使用する。

Step7:iPhone/iPad/iPodのバックアップを保護するパスワードを設定し、画面右下の「パスワードを設定」ボタンをクリックすると、データのバックアップ処理が自動で開始される。

iTunes代わりになるソフトでiPhone/iPad/iPodデータをバックアップする

iTunesが使いづらい、iTunesの使い方が難しいと思う人は多い。ここでは、iTunes代わりになれるソフトウェアをおすすめする。MacX MediaTransは、iPhone/iPad/iPodバックアップに特化されるソフトで、写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルを転送・バックアップ・同期することができる。更に、iTunes Store から購入したコンテンツををインポート/エクスポートして、Apple製品以外で使えるようにする。だから、iTunes Storeから購入したコンテンツをバックアップする時は、このソフトウェアは最適。

iPhone/iPad/iPod(iOS12)データをバックアップする方法>>

iOS12ダウングレードガイド|iOS12からiOS11.3.1に戻したい方へ

上述したiOS12バージョンダウンの準備事項や注意事項を読んでうまく実行した後、この記事の本題、iOS12ダウングレード操作手順に入る。

iOS12正式版が6月に開催されるWWDC 2018に合わせてリリースされる。正式配信は9月頃になる見込み。以下では、ベータ版iOS12バージョンダウン方法、及び正式版iOS12ダウングレード作業をまとめてご紹介する。

ベータ版iOS12からiOS11にダウングレードする方法

Step1:お使いのPCにあるiTunesは最新バージョンにアップデートする。

Step2https://developer.apple.com/download/ 又はhttp://ur2.link/JJdM にアクセスして、お使いのiPhone/iPad/iPodによってiOS11リストアイメージをコンピューターにダウンロードする。

Step3:iOS12ベータ版をインストールされたiPhone/iPad/iPodをUSBケーブル経由でPCに接続してiTunesを起動する。Optionキー(Mac)又はShiftキー(Windows)を押しながら「アップデートを確認」をクリックして先ほどダウンロードしたリストアイメージを選択して開く。

Step4:「iPhoneはiOS11○○ソフトウェアにアップデートされます。アップデートはAppleにより検証されます」といった画面が表示されたら、「アップデート」をクリックする。それでiOS11インストール作業が始まる。

Step5:iOS11に戻し、「iPhoneを復元」を選択する場合はデバイスが初期状態になる。その時、ダウングレードを実行する前にバックアップしたデータを復元する必要がある。

Step6:iPhone/iPad/iPodをiTunesに接続して「このバックアップから復元」を選択する。先ほどバックアップデータを選択して「続ける」をクリックすればOK。

正式版iOS12からiOS11に戻す方法

Step1:大切なデータをちゃんとバックアップした後、iOS11.3.1ファームウェア(IPSW)をダウンロードする。iOSファームウェアは、iPhone、iPad、iPod touchによって違う。使用中のデバイスを確認して、ファームウェアファイルを選択すればOK。パソコンからhttps://ipsw.me/ にアクセスし、「Choose a product」でダウングレードしたい製品を選び、ここではiPhoneを例として説明するのでiPhoneを選択する。

Step2:iPhoneモデルの一覧画面が表示され、そこから、お使いのiPhoneモデルをクリックすればOK。

Step3:iOSファームウェア(IPSW)バージョンが表示され、そこでは「Signed IPSWs」ではiOS11.3.1をクリックし、iOS11.3.1(15E302)for iPhone X(GSM)画面が表示され、下にある「Download」ボタンをクリックし、iOS11.3.1のダウンロードが始まる。ファイルサイズが2.8GBでちょっと時間がかかり、少々お待ちください。

Step4:パソコンからiTunesを起動し、ダウングレードさせたいiPhoneを表示させる。iPhoneデータをバックアップする画面が表示されたら、右上にあるiPhoneの復元をShiftキー(Windows)又はOptionキー(Mac)を押せばOK。

Step5:そして、ファイルを開く画面が表示され、先ほどダウンロードしたiOS11.3.1のIPSWファイルを選択し、開くをクリックする。

Step6:「復元」ボタンをクリックし、iOS12からiOS11にダウングレードする作業が始まる。

Step7:無事にiOS 12からiOS11.3.1に戻した後、iPhoneが自動的に再起動され、iTunesにアクティベート画面が表示され、Apple IDとパスワードを正しく入力してください。

Step8:新しいiPhoneへようこそ画面から「このバックアップから復元」にチェックを入れ、適切なバックアップを選択し、「続ける」ボタンをクリックすればOK。

読んでも上手くiOS12からiOS11にダウングレードできない原因

上記の注意事項、事前準備、や操作手順に従ってやっていたが、うまくiOS11に戻せないこともある。以下では、iOS12からiOS11にダウングレードできない原因(理由)を特定してみる。

iOS12からiOS11に戻せない原因:iPhone/iPad/iPodの空き容量が不足。リストアイメージ/IPSWをダウンロードするにはiPhone/iPad/iPodには3GB前後の空き容量が必要。

iOS12からiOS11に戻せない原因:iPhoneなどが脱獄状態(ジェイルブレイク)となる場合は、デバイスがApple側から認証できない。だから、できるだけ入獄になってダウングレード作業を行う。

iOS12からiOS11に戻せない原因:AppleはiOS5以降、APTicketが導入、nonceが含まれるようになったため、iOSダウングレード作業が一層難しくなる。BootRom Exploitなどを活用し、デバイスをPwned DFU Modeにしてカスタム・ファームウェア(CFW)で復元する必要がある。

iOS12からiOS11に戻せない原因:Appleは通常、最新iOSが配信されてから数週間後、セキュリティ面で脆弱性の残る旧バージョンへの署名を停止する。Appleが署名停止してしまったらファームウェアへのダウングレードはできない。

iOS12ダウングレードに伴う危険性って何?

ネットではiOS12からiOS11.3.1に戻したら、危険が多いと伝えている。確かにiOS12ダウングレードもアップデートと同様、途中にはリスクが伴い、失敗の確率も高い。だからコンピューターを持っていない方は、iOS12バージョンダウンをしない方がいい。以下では、iOS12からiOS11に戻す危険性を紹介する。ダウングレード前、よく考える。

(1)iPhone/iPad/iPodが文鎮化・故障・破損となる

ダウングレード途中に充電切れになったり、ボームボタンなどのパーツ不具合で電源が立ち上がらなくなったり、脱獄などといった不正な改造することで、ダウングレードが失敗となり、お使いのデバイスも故障・破損・文鎮化となる可能性がある。

(2)セキュリティが弱くなる

OSのアップデートは、古いバージョンの不具合やバグを修正したり若干の機能向上などのために行われる行為である。だから、古いiOS11.3.1にダウングレードすると、セキュリティ上の危険性が高くなる。

(3)Apple側には認められない

署名停止、SHSH発行期限、デバイス認証などといった制限から見れば、ダウングレードはAppleには認められない行為。

【まとめ】

いかがでしたか。この記事では、iOS12ダウングレード事前準備、注意すべき項目、ベータ版/正式版iOS12からiOS11に戻す方法、iOSダウングレードできない原因、iOSダウングレード危険性をまとめて紹介した。どう思っている。iOS12新機能を体験し続けるのか、それともiOS11.3.1に戻したいのか。

総合的に言えば、iOS12ダウングレードには危険性があるが、動作が非常に重かったり、大切なアプリが使えなかったり、周辺機器が動作できない場合は、ダウングレード作業を行った方がいいだと思う。


[PR]
by laura1988 | 2018-04-28 17:47 | データバックアップ

iPhoneで曲を結合できるアプリを探しているのか。iPhone音楽を編集・カット・繋げる・テンポを変えるなどができるソフトってあるのか。MP3からiPhone着信音に設定したいのか。もしそうでしたら、下記で紹介されるiPhone音楽編集アプリやソフトウェアは役立てる。どっちでも直感的なデザインを持ち、使いやすくて、機会オンチでもすぐに使いこなせる。

iPhone音楽編集方法おすすめ|MP3音声曲を手軽にカット分割結合できる

以前は、Apple標準アプリimovieを使ってiPhone音楽を編集したが、imovie本体はビデオ編集アプリで、音楽編集にはちょっと不足がある。だが、使いやすくて安全性も高く、大勢の方々に愛用されている。例えば、imovieを使ってオーディオ取り離し、音楽つなげる、オーディオフェードアウト、途中から曲を入れるなどといった作業が手軽に行える。以下では、imovie代わり、iPhoneで音楽を編集できるアプリケーション及びソフトウェアをまとめてご紹介する。

iPhone音楽編集ソフト:MacX MediaTrans

MacX MediaTransはiPhoneに特化されたソフトウェアで、iPhoneに保存された音楽ファイルをバックアップできるだけではなく、プレイリスト編集、プレイリスト新規作成、プレイリスト削除、アーティスト&アルバム編集、iPhone着信音作成などが無劣化で行える。

その他、iPhone音声編集はもちろん、iTunesから購入したDRM付きコンテンツやiPhone写真、ビデオファイルなどの様々なファイルを自由に編集できる。デザインが直感的で初心者でもすぐに使いこなせる。以下では、iPhone着信音作成方法を例として紹介する。

Step1:まずMacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。ソフトを立ち上げ、USB ケーブルでiPhone/iPad/iPodをMacコンピュータに接続し、認識されたらMacX MediaTransメイン画面が表示される。初めてMacX MediaTransを使う場合は、「このコンピューターを信頼する…」という画面が表示され、画面指示に従って操作すればいい。

Step2:MacX MediaTransメイン画面の「音声/着信音」ボタン  をクリックする。

Step3:「音声/着信音」画面が表示されたら、左側にある「着信音」⇒「着信音追加」とクリックする。それで、お好きな曲がこのiPhone音声編集ソフトに読み込まれる。

Step4:右上にある「着信音作成」⇒曲を40秒内に切り詰めて、OKをクリックする。

Step5:確認できたら、右下にある「同期」ボタンとクリックする。さき作った曲をiPhone本体に取り込む。「インポート完了」表示が出てきたら、iPhone着信音設定が完了。

Step6:iPhoneのホーム画面の「設定」⇒「サウンド」⇒「着信音」をタップする。初期設定ならマリンバが選択されていて、カスタムで設定したい着信うたをタップする。ここでは曲This is Loveを選択してみた。そこでiPhoneでは個人別に着信音を設定できる。iPhoneのホーム画面の「電話」をタップして連絡先から人物を選んで、着信音をタップする。着信音選択画面でカスタムの中から選ぶ。

iPhone音楽編集ソフト:AudioEditor

AudioEditorはMP3/WAVなどの音声ファイルをトリミングできる音声編集ソフトである。最大な特徴は数多くのオーディオフォーマットにサポートする所。音声トリミングはもちろん、音声分割、音声結合、音声エンコードなどといった作業も手軽に行える。プレイヤーも内蔵し、編集してからすぐに出力ファイルを確認できる。更に、この音声編集ソフトは完全無料で、日本語にも対応し、初心者でもすぐに使いこなせる。ただし、Windowsしか使えない。

Step1:公式サイトからこの音声編集ソフト「AudioEditor」をダウンロード・インストールする。インストールが無事に終わったらソフトウェアを起動する。

Step2:ソフトウェア画面の左側にある「編集方法」から「カット」にチェックを入れ、内蔵プレイヤーではカットする先頭を微調整する。

Step3:後は「0:00:●●」/「0:00:●●」といったボタンをクリックし、カット開始時間とカット終了時間を設定できる。確認したら、「編集開始」ボタンをクリックし、音声カット作業を始める。

Step4:「編集された点」画面が別のウインドウで表示され、カット作業が終わったら「OK」をクリックすればOK。

iPhone音楽編集ソフト:Adobe Premiere Elements 14

Adobe Premiere Elements 14は動画・ビデオ編集ソフトとして有名だが、オーディオ編集(ボリュームレベル調整/オーディオフェードアウト/エフェクト追加など)を行える。機能が非常に豊富で、上級者にはおすすめ。また、音声ファイルのボリュームを調整したい方は、このソフトウェアは最適。

Step1:公式サイトからAdobe Premiere Elements 14をダウンロード・インストールする。

Step2:Adobe Premiere Elements 14を立ち上げ、一番上にある「エキスパート」⇒「エキスパート編集モード」に設定する。

Step3:タイムラインの左上には「オーディオ表示を表示」を選択し、オーディオ編集用タイムライン画面が表示される。タイムライン右側にオーディオメーターが表示され、再生ボタンをクリックしクリップを再生する。

Step4:オーディオメーターが最大値に達したら、クリップのボリュームを下げる必要がある。それで、全般的なボリュームレベルが調整される。

iPhone音楽編集アプリ:Garage Band

Garage Band(ガレージバンド)は、よく知っているiPhone曲編集アプリケーションで、超簡単で音楽を演奏、録音、共有できる。更に、新しいサウンドが配信されたら、より多くの無料音源やループパックを選んでダウンロードしたりして、自由に曲を作れる。

更に、このiPhone音声編集アプリを使って、音声編集はもちろん、音声の分割、音声の結合、MP3に書き出し、曲の好きな部分をアラームにする、音声の長さをカットすることができる。機能が豊富で、無料で使え、本当に素晴らしいアプリケーションだと評価される。

以下では、Garage Band(ガレージバンド)を使って音声の余分な部分をカットする操作手順を解説する。

Step1:まず、App StoreからGarage Band(ガレージバンド)をダウンロード・インストールする。インストールが完了したら、このiPhone曲編集アプリGarage Band(ガレージバンド)を起動する。Finderの中から編集したい音源をドラッグして一つのトラックを作る。

Step2:右下のアイコンをクリックしてAudio Region画面が表示される。

Step3:Audio Regionで分割したい位置へカーソルを移動し、「編集」⇒「分割」をクリックする。色の濃いリージョンの左上「⊿」模様のアイコンをクリックし音を鳴らしみる。

Step4:「編集/Edit」⇒「ループライブラリに追加/Add To Loop library」をクリックする。

Step5:分割した音源ファイルは「ホーム」⇒「ライブラリ」⇒「オーディオ」⇒「Apple Loops」⇒「User Loops」⇒「Single Files」に保存される。先ほど編集した音声ファイルをチェックできる。

iPhone音楽編集アプリ:WavePad音声編集ソフト

WavePad音声編集ソフトは、無料で使えるiPhone音声編集ソフトで、MP3/WAV/WMA/VoX/GSM/real audio/FLAC/OGGなどの音声ファイルに対応し、音楽切り貼り、音楽分割、音声の正規化・増幅、音声抽出、エフェクト追加などが高速・無劣化で行える。

インターフェースが見やすく、ダウンロード・インストールしたら誰でもすぐにiPhoneで音楽を編集できる。

Step1:App StoreからWavePad音声編集ソフトをダウンロードしてインストールする。完了したらWavePad音声編集ソフトを立ち上げ、編集したい音声ファイルをマウスでドラッグして、着信音を作成したい部分を選ぶ。

Step2:Ctrl+Tのショートカットキーを使って必要な部分だけを切り抜く。

Step3:切り取った部分をiPhoneで扱えるフォーマットとして保存する。iPhoneの場合は、.m4rで出力してください。

Step4:「フェードイン」⇒「フェードアウト」のエフェクトを利用すれば、iPhone着信音を作成する作業がもっとスムーズとなる。

iPhone音楽編集アプリ:MultiTrack DAW

MultiTrack DAWは最新テクノロジーを導入し、強力なiPhone曲編集アプリで、出力される音声ファイルが無損失で数多くの方々に利用される。8ステレオ・オーディオ・トラックを装備し、24トラックまで拡張でき、24bit/96kHzに対応したり、USBオーディオインターフェイスを接続することで4chの同時入力や8chの同時入力ができる点が目立つ。読み込める音声ファイルはMP3/AAC/WAV/M4A/Aif。

Step1:App StoreからMultiTrack DAWをダウンロード・インストールする。以下では音楽の拍子/BPM/メトロノームを設定する方法を例として解説する。

Step2:iPhone音声編集アプリMultiTrack DAWを立ち上げ、左上の「0001.1.1.001」と表記された部分をタップしてから、真ん中にポップアップが表示されたら、左向きの△ボタンをタップする。

Step3:そして、左側で拍子を設定できる。2/2、2/4、3/4、4/4、5/4から選択できる。タップして上下にスワイプすると変更できる。

Step4:BPM設定に関しては、Click In Playの左にある「92.0」と書かれた所をタップし上下にスワイプすればBPMを変更できる。最大240.0に変更できる。

Step5:メトロノーム設定に関しては、「Click In Play」か「Click In Rec」をタップすれば良い。「Click In Play」は再生時に設定した拍子とBPMでメトロノーム音を流せるボタン。「Click In Rec」は録音時に設定した拍子とBPMでメトロノーム音を流せるボタン。

iPhone音楽編集アプリ:edjing Mix

edjing Mixは、世界中で数多くの人に利用され、ダウンロード数がNO.1DJアプリケーションである。DJに興味を持つ方は、このiPhone曲編集アプリは一押し。エフェクト、オートミックス、編集、イコライザー、キューの設定などといった機能が豊富で、iPhone DJになりたい方は見逃しないで。

Step1:edjing Mix正式サイトからダウンロード・インストールする。起動したら、ホーム画面には二つのターンテーブルがあり、2曲を同時に流してミックスさせられる。

Step2:曲のテンポが合わない場合は、syncボタンをタップし、2曲のピッチ(BPM)が自動的に合わせられる。

Step3:エフェクト効果を追加したい場合は、edjing Mix画面の左下にあるFXをタップする。そして、エコーやループなどのエフェクト効果が表示され、自由に追加できる。

Step4:edjing Mixは音声を録音できるほか、録音したコンテンツをTwitterやFacebookなどのSNSにシェアできる。

iPhone音楽編集アプリ:Medly

Medlyの最大な特徴は、作曲が手軽に完成できる所。初心者でも作曲を行えるアプリケーション。更に、このiPhone曲編集アプリは、音楽制作においては、新しいアプローチを提案し、ベテランのミュージシャンから音楽を始めたばかりの人まで、誰でも最高の音楽を作れる。使い勝手もよく、作曲家たちにとっては素晴らしいもの。

Step1:まず、この高性能なiPhone作曲アプリをダウンロード・インストールする。アプリを立ち上げる。

Step2:Medlyの設定画面で指定したキーに合った音階を自動で検出してくれるなど、初心者にとっては使いやすい作曲ソフト。

Step3:打ち込んだデータをMIDIファイルにしてメールで送ったりすることができる。

iPhone音楽編集アプリ:ボイスメモ

ボイスメモと言えば、日本人の方々がよく知っているだろう。iPhone標準搭載の簡易録音機能を持つアプリケーションである。iPhoneで音声を録音できるだけではなく、iPhoneで音声を再生・編集・トリミング・削除・共有することも可能。だから、iPhoneで音声を録音し編集したい方は、このアプリケーションは最適。

Step1:App StoreからこのiPhone音声編集アプリケーションをダウンロード・インストールする。インストールが完了した後、起動する。

Step2:ボイスメモを起動して、画面の中央にある赤い○アイコンをタップしiPhoneで音声を録音する。録音を停止する場合は、もう一度この赤い○アイコンをタップすればOK。録音した音声ファオイルを確認する場合は、ボイスメモの左側にある再生マークをアップする。

Step3:録音を終了する場合は、「完了」ボタンをタップし、録音した音声ファイルに名前を付け、保存する。

Step4:先ほど録音したファイルをタップし、「編集」をタップするとiPhone音声編集作業が始まる。

Step5:音声トリミングしたい場合は、画面右側にあるトリミングマークをタップする。画面左右にある赤いトリミングシークバーを移動したら、音声トリミング作業が開始。トリミング部分が確認して終了したい時は、「トリミング」ボタンをタップしファイルを保存する。

iPhone音楽編集アプリ:MP3 Cutter

MP3 Cutterは、名前の通りで曲のカットに特化されるアプリケーションである。音声ファイルの任意①を切り出せたり、大きなオーディオファイルを小さく分割したり、着信音を作成することができる。完全無料で、誰でも使える。だが、英語しか表記されない所が不足。

Step1:App StoreからこのiPhone曲編集アプリMP3 Cutterをダウンロード・インストールする。インストールが完了したら、起動してください。

Step2:アプリケーションの上にある緑色のボタンをタップしiPhoneから編集したい.mp3音声ファイルを選択する。

Step3:そこからカットしたい部分を設定できる。下には再生ボタンがあり、音声ファイルがカットされた後、すぐに確認できる。

【まとめ】使用用途に合わせて最適なiPhone音楽編集を選ぼう

iPhoneで音楽を編集できるソフトウェアやアプリケーションについてまとめてみた。疲れを解消するため音楽を視聴したり、自由に編集する人も多くなってきた。上記で紹介されるiPhone曲編集アプリならではの特徴を持ち、自分の興味やライフスタイルに合わせて最適なものを選んでください。


[PR]
by laura1988 | 2018-04-04 17:57 | データバックアップ

iPhone MP3転送 iTunesなしで行えるのか?

「iTunesが使いづらい」「iTunesでiPhone/iPad/iPodが認識されなくてMP3転送が無理」「iTunesで音楽を同期する際エラーコード5000、エラーコード69、エラーコード13010などのメッセージが表示される」と困っている人は多い。

iTunesがたくさんの機能を持ったが、操作性が悪くて初心者にとってはちょっと難しい。だから、ネットでは「iTunes動作が重く、MP3転送が突然できなくなってしまった。iPhone MP3取り込みiTunesを使わずにできる方法を教えてください」とよく聞かれる。心配しないで、以下では、iPhoneMP3転送iTunes使わない方法を紹介する。それで、パソコンなしでもOK。

iPhoneMP3入れ方iTunes以外で行え|iTunesパソコンなしでもOK

iTunes使わないでiPhoneMP3転送を行いたいのか。iTunes代わりになれるソフトウェアを探しているのか。iPhoneMP3入れ方パソコンなしでも実行できるのか。もしそうでしたら、下記で紹介されたソフトウェアが役に立てる。どっちでも使いやすくて、高性能な機能を持ち、初心者でもすぐに使いこなせる。それで、iPhone MP3転送 iTunesなしでも簡単に行える。

iPhone MP3転送 iTunesなしでも行えるソフト~MacX MediaTrans

MacX MediaTransはiTunes代わりになれるソフトで、超爆速でiPhone iPad iPodとMacの間で、写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルを転送・バックアップ・同期できる。更に、更に、iTunes Store から購入したDRM付きコンテンツををインポート/エクスポートでき、Apple製品以外で使える。

最新なテクノロジーを導入し、iPhone MP3取り込みiTunesを使わずに無劣化で行える。以下では、MacX MediaTransを使って、iTunesを使わずにiPhoneMP3入れ方を紹介する。

Step1:まず、iPhone MP3転送 iTunesなしでも行えるソフトウェアMacX MediaTransをダウンロード・インストールしてください。インストールが完了したら、ソフトウェア画面にある「音楽管理」をクリックしてMP3転送画面が表示される。

iTunes使わずにiPhoneからMacMP3を転送する場合:

Step2:転送したい音楽にチェックを入れる。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選べる。

この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理できる。

Step3:「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすればiPhone MP3転送 iTunesなしでも実行できる。

iTunes使わずにMacからiPhoneMP3を転送する場合:

Step2:一番上にある「音楽追加」をクリックし、音楽ファイルを選択する。追加しない音楽を選択してしまうと「音楽消除」をクリックして追加された音楽を消去する。消去した音楽の前に「Del」と書かれるとその音楽はiPhoneに同期しない。

Step3:転送したい音楽を確認したら「同期」と書かれたボタンをクリックし、iPhone MP3取り込みiTunesを使わずに作業が始まる。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればOK。

iPhoneMP3入れ方パソコンなしでもOKCDレコ

パソコンを持っていなくて、iPhoneMP3転送iTunes使わない場合は、CDレコは一番おすすめ。Wi-Fi接続だけで、CDの曲(音声ファイル)をiPhoneに取り込める。

1iPhoneWi-fiに接続する方法

Step1:iPhoneにCDレコのWi-Fiプロファイルをインストールする。専用アプリCDレコの設定をタップし「QRコネクト」をタップする。

Step2:「読み込み開始」をタップしたら、カメラ画面になる。そして、「CDレコ」に付属しているQRコードをかざして読み取る。

Step3:iPhoneとCDレコをWi-Fiで接続し、iPhoneの設定アプリを起動したらWi-Fiをタップする。

Step4:「ネットワークを選択」から「IODATA_01_05054」をタップし、名称の左にチェックが付けばWi-Fi接続が成功。

2CDの曲(MP3ファイル)をiPhoneに取り込む方法

Step1:「CDレコ」に音楽CDを挿入する。iPhoneでCDレコアプリを起動し、左上にある「メニュー」を開き、「CDを取り込む」をタップする。

Step2:CDが読み込まれたら、自動的にデータベースにアクセスし、取り込むCDの曲情報なども取得できる。

Step3:読み込みたいCDの情報が表示されたら、転送したいmp3ファイルにチェックを入れ、確認したら「取り込み開始」をタップすればOK。iPhone MP3転送 iTunesなし作業はちょっと時間がかかり、少々お待ちください。

iPhone MP3転送 iTunesなしでもOKEZMP3 Player

EZMP3 Playerは、優れたMP3転送アプリで、完全無料で大勢の方々に愛用される。使い方が超簡単で、数回クリックするだけでiTunesなしでも無線でMP3ファイルをサクサクとiPhoneに転送できる。

Step1:まず、App StoreからEZMP3 Playerアプリをダウンロード・インストールする。インストールが完了したら、アプリを起動し、メニュー画面から「ファイル転送」をタップする。

Step2:「ファイル転送」から「サーバーの実行」をONにして、「注意~3G通信を利用する場合~~」といった画面が表示されたら、「OK」とタップする。

Step3:「WiFi環境」「3G環境」でのアドレスが表示され、対応した方をiTunesがインストールされたパソコンのブラウザのアドレス入力バーに記載してください。後は、お使いのコンピューター画面に「複数のファイルの同時転送が可能です」画面が表示され、確認したら「SelectFiles」をクリックし転送したいMP3ファイルを選択してください。

Step4:後は、指示に従って操作してください。iTunes以外で、iPhone音楽取り込み作業が始まる。

iPhone MP3転送 iTunesなしでも高音質無劣化でサクサクと行える

いかがでしたか。「パソコン使わずiPhoneにMP3を入れる方法」及び「iTunes使わずiPhoneにMP3を転送する方法」をまとめて紹介したので、使いやすいと思うだろう。上記で紹介されたソフトウェアやアプリケーションはMP3ファイルを転送するだけではなく、動画ファイル(MP4/MOV/M4V)、電子書籍(ePub/PDF )、写真・画像(jpg/png/heic)、iTunes U、ポッドキャスト、DRM付きコンテンツなども転送できる。


[PR]
by laura1988 | 2018-03-27 18:46 | データバックアップ

iPhoneからiPhone データ 移行方法って?

「iPhone6sからiPhone8に買い替えiTunesを使ってデータ移行していたが、iPhoneからiPhone 写真を移す際に画像のエラー毎回出てきた。どうしたらできるようになるだろうか」「iPhone6 PlusからiPhone Xに乗り換えた。新iPhone買い替えデータ移行方法ってあるのか。あれば操作方法まで詳しく教えてください。」「新型iPhoneデータ移行を行う時にiCloudのバックアップするだけで前のデータは全て復元できるのか。例え写真フォルダ、アプリゲーム、Line、Twitterなど。」と質問した人は多い。

以下では、iPhoneからiPhone データ 移行ソフト|新iPhone買い替えた後、データは損失なし方法を詳しく紹介する。

iPhoneデータ移行ソフト|iPhoneからiPhone 写真・動画・音楽・電子書籍を損失なし転送

新iPhone買い替えデータ移行を行う前、三つポイントをチェックしておくべき。第一はApple IDとパスワード、第二はアプリやゲームアプリに登録されたメールアドレス及びデータ引継ぎ方、第三は2ファクタ認証突破。それらをチェックした後、iPhoneデータ移行作業が順調に進められる。

PC必要)iPhoneからiPhone データ 移行ソフト~MacX MediaTrans

MacX MediaTransは、優れたiPhoneデータ移行ソフトで、最新テクノロジーを採用し、爆速でiPhoneからiPhone 写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルを転送できる。データ移行速度が業界一。

その他、DRM解除機能、プレイリスト編集、カメラロール削除、削除したデータの復元、着信音作成、ボイスメモ管理なども手軽に行え、とても高性能なソフトウェアだと評価される。更に、絶えず更新中、最新のiOS機器とmacOSに対応している。

MacX MediaTrans はMacとiPhone両方向のデータ移行を行えるので、iPhoneからiPhone データ 移行を始める前、旧iPhoneモデルをお使いのコンピューターに接続し、移行したいデータをコンピューターにバックアップした後、新型iPhoneをコンピューターに接続し、先ほどバックアップされたデータをMacX MediaTransを使って新型iPhoneに移行する。

以下では、MacX MediaTransを使って、新iPhone買い替えデータ移行操作手順を図で紹介する。

Step1まずMacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。パソコンに旧iPhoneを連携してください。この旧iPhoneがこのパソコンに差し込むと、「このコンピューターを信頼する…」という警告が表示された場合は、デバイスのロックを解除して「信頼」をタップする。そして、指示の通りにiTunesを設定して、「了解」と書かれたボタンをクリックして、ソフトの機能選択界面に進む。

Step2「写真転送」「音楽管理」「ビデオ管理」「電子書籍」「音声を着信音」「USBメモリー」「DRM削除」といった機能があり、転送したいコンテンツに合わせるボタンをクリックすればいい。以下では、iPhoneからiPhone 写真移行方法を例として紹介する。

Step3ソフトウェアのインターフェースにある「写真転送」をクリックし、転送画面が表示され、旧iPhoneにある写真がソフトウェアに読み込む。一番上にある「エクスポート」ボタンをクリックし、iPhoneから写真をコンピューターにバックアップできる。

Step4:後は、新iPhoneをコンピューターに接続され、MacX MediaTransを開き、「写真転送」をクリックする。パソコンに保存されたデータがMacX MediaTransに読み込まれる。移行したい写真にチェックを入れて確認したら、右下にある「同期」ボタンをクリックし、保存している音楽ファイルが新iPhone買い替えデータ移行移行される。

PC不要)iPhoneからiPhone データ 移行ソフト~iCloud

MacX MediaTransはコンピューターを使って、iPhoneからiPhone データ 移行作業を行えるものであるが、コンピューターを使わずに新iPhone買い替えデータ移行方法はあるのかと質問した人はいるだろう。心配しないで、以下では、PC不要で損失なしでiPhoneデータ移行方法を紹介する。

だが、iCloudを使って新iPhone買い替えデータ移行作業を始める前、無線LAN(Wi-Fi)環境をチェックしておくべき。また、移行されるデータ量が5GB以上となる場合は、iCloud容量を購入する必要がある。料金プランは月130円で50GB、月400円で200GB、月1300円で1TBの3種類が提供されている。

Step1:iPhone設定⇒iCloud⇒バックアップ⇒iCloudバックアップをタップして有効状態にする。

Step2:iPhoneからiPhone データ 移行するには、iCloudバックアップから復元する必要がある。新iPhoneホーム画面から設定をタップし、一般⇒リセット⇒すべてのコンテンツと設定を消去をタップする。そして、新iPhoneを再起動させ、設定する。設定途中、「Appとデータ」画面が表示されると、「iCloudバックアップから復元」をタップすることが重要。

Step3:指示に従って操作し、「利用規約」画面に「同意する」⇒「すべてのバックアップを表示」をタップして、バックアップしたいデータを選び、新iPhone買い替えデータ移行作業が始まる。時間がちょっとかかるので、少々お待ちください。

Step4:「アップデートが完了しました」といった画面が表示されると、「続ける」とタップすればOK。そして、画面指示に従って操作してください。ホーム画面が表示されたら、iPhoneデータ移行作業が完了。


[PR]
by laura1988 | 2018-03-21 17:46 | データバックアップ

「iTunes app消えたのか?iPhone内にあるアプリが表示されない。どうすればいいだろうか」「iTunes12.7 app表示されない原因って何?対処方法ってあるのか」「 iTunes appなくなった。最新版iTunesではapp Storeにアクセスできなくなった。対策ってある」とよく聞かれる。本文は、 iTunesアプリ表示されない・なくなった時の対処方法をご紹介する。

記事全文はこちら>>

iTunes app消えた?!

iTunes12.7で、App Storeの項目が消えたことが話題となった。新バージョンのiTunes12.7の左上のドロップダウンリストに表示されているのは、ミュージック、ムービー、テレビ番組、ポッドキャスト、オーディオブックだけ、iTunes appなくなった。ということは、アプリをダウンロードしてもMac&Windowsで使えなくなった、iTunes 12.7でPCからiPhone/iPad/iPod touchにアプリおよび着信音を同期することも無理。

iTunes12.7の変更点に関しては、驚いた人も多いはず。iTunes app消えた時、iPhoneのアプリと着信音をどのようにしてMac/Windowsに管理するのか。心配しないで、以下では、iTunesアプリ表示されない・なくなった時の対処方法を詳しく紹介する。参考にしてみてください。

iTunesアプリ表示されないiTunes appなくなった時の対処方法

「バージョン12.7のiTunes app消えた後、どうすればiPhoneアプリをiMac/iMac Pro/Macbook Air/Macbook Pro/Macbookに同期するのか」と質問した人は多いのではないだろうか。そこで今回は、iTunesアプリ表示されない・iTunes appなくなった時の対処方法を紹介する。これからiTunes app消えたことで困らなくなった。

iTunes app消えた時の対処方法1iTunes 12.6.xに戻し

iTunes12.7では様々な変更を行って、アップデートによりApp Store機能もなくなってしまった。その後、Apple側がこっそりと企業や学校向けにiTunes 12.6.xをリリースした。iTunes 12.6.xに戻したら、iTunes app復活が可能となる。では、iTunes12.7からiTunes 12.6.xにダウングレードしてみよう。

MaciTunes app復活をする方法)

Step1:iTunes12.7からiTunes 12.6.xにダウングレードする前、Mac内のデータのバックアップを取る必要がある。

Step2:iMac/iMac Pro/Macbook Air/Macbook Pro/Macbookデータのバックアップが完了したらiTunes12.7を削除する。$ cd /Applications、$ sudo rm -rf iTunes.appといったコマンドを実行し、iTunesが終了したかご確認ください。

Step3:古いバージョン用のiTunes Library.itlをコピーして戻す。$ cd ~/Music/iTunes/Previous\ iTunes\ Libraries

$ ls -l (最新のバックアップを確認)

$ cp iTunes\ Library\ 2017-09-13.itl ../iTunes\ Library.itl

ターミナルに抵抗のある方はFinderでファイルをコピーしても構わない。要はPrevious iTunes Librariesフォルダに存在するバックアップをiTunes Library.itlに戻すことができればOK。

詳細は、https://support.apple.com/ja-jp/HT204668 までにご参照ください。

Step4:Apple公式サイトを開き、iTunes12.6.xをダウンロードしてインストールする。iTunes12.6.xがインストールされたら、起動してみる。

WindowsiTunes app復活をする方法)

Step1:iTunes12.7からiTunes 12.6.xにダウングレードする前、Windows内のデータのバックアップを取る必要がある。

Step2:Windowsから「開始」⇒「コントロールパネル」⇒「プログラムのアンインストール」⇒「設定画面のアプリと機能」からiTunes12.7をアンインストールする。

Step3:iTunes Mediaフォルダに移動し、Previous iTunes Librariesフォルダに存在する最新のitlファイルを、iTunes Library.itlにコピーして戻す。iTunes MediaフォルダはiTunesの環境設定画面の詳細タブの「iTunes Mediaフォルダの場所」で確認できる。もし変更していなければ「C:\Users\sora\Music\iTunes\iTunes Media」のようなフォルダとなる。

Step4:Apple公式サイトにアクセスし、WindowsのiTunes12.6.xをダウンロードしてインストールする。iTunes12.6.xのインストールが完了したら、起動して使ってみる。

iTunes app消えた時の対処方法2:ドラッグ&ドロップ

iTunesアプリ表示されない、iTunes appなくなった後、アプリを管理する機能もなくなった。だが、ネットではPCからiTunesを経由して、iPhoneにアプリを同期する方法を書いてある。iTunesダウングレードを行わずに、iTunesのサイドバーに表示されるiPhoneに、アプリをドラッグ&ドロップするだけで、iPhoneにデータを同期できそうである。詳細は下記のコンテンツをチェック。

Step1:iTunes appなくなったが、iTunesライブラリーにはファイルはまだ残っているはず。そこで、「iTunes」⇒「iTunes Media」⇒「Mobile applications」フォルダとクリックして、残っているアプリが見つけられる。

Step2:Apple純正のLightningケーブルでiMac/iMac Pro/Macbook Air/Macbook Pro/Macbook /PCと接続する。

Step3:iMac/iMac Pro/Macbook Air/Macbook Pro/Macbook /PCでiTunesを立ち上げ、iTunesのサイドバーに表示されているiPhoneマークに、先ほど見つけたアプリ(.ipaファイル)をドラッグ&ドロップすると同期できる。

iTunes app消えた時の対処方法3MacX MediaTrans

iTunesアプリ表示されない・iTunes appなくなった後、アプリケーションはもちろん、着信音の管理もできなくなった。着信音を削除・編集・転送したい時は、どうすればいいだろうか。心配しないで、以下では、iTunes app消えた後、自作の着信音を設定する方法を紹介する。ご参照ください。

MacX MediaTransは、優れたファイルマネージャーで、iPhone/iPad/iPod音楽、着信音、動画、電子書籍、写真(画像)、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなどといったメディアファイルのやり取りが行える。更に、DRM解除機能もあり、iTunes Storeから購入したDRM付き音楽、電子書籍ファイルをインポート/エクスポートできる。それで、いつでもどこでもお気に入りの不ファイルを楽しめる。

Step1まずMacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。ソフトを立ち上げ、USB ケーブルでiPhone/iPad/iPodをMacコンピュータに接続し、認識されたらMacX MediaTransメイン画面が表示される。初めてMacX MediaTransを使う場合は、「このコンピューターを信頼する…」という画面が表示され、画面指示に従って操作すればいい。

Step2MacX MediaTransメイン画面の「音声/着信音」タブをクリックする。

Step3「音声/着信音」画面が表示されたら、左側にある「着信音」⇒「着信音追加」とクリックする。それで、お好きな曲がソフトに読み込まれる。

Step4右上にある「着信音作成」⇒曲を40秒内に切り詰めて、OKをクリックする。

Step5確認できたら、右下にある「同期」ボタンとクリックする。さき作った曲をiPhone本体に取り込む。「インポート完了」表示が出てきたら、iPhone着信音設定が完了。

Step6iPhoneのホーム画面の「設定」⇒「サウンド」⇒「着信音」をタップする。初期設定ならマリンバが選択されていて、カスタムで設定したい着信うたをタップする。ここでは曲This is Loveを選択してみた。そこでiPhoneでは個人別に着信音を設定できる。iPhoneのホーム画面の「電話」をタップして連絡先から人物を選んで、着信音をタップする。着信音選択画面でカスタムの中から選ぶ。


[PR]
by laura1988 | 2018-02-07 18:10 | データバックアップ

1


DearMob,Inc社は5KPlayerの後、万能のiPhoneバックアップソフトDearMobiPhoneマネージャー』の初バージョン2.015日(金)より正式にリリースしました。直感的なUIで、誰でも簡単に使えます。"機種変更、又はiTunesでのiPhoneバックアップ&管理に満足していない"方が、是非使って見てください。

製品詳細:

https://www.5kplayer.com/iphone-manager-jp/index.htm

DearMob iPhoneマネージャーとは

DearMob iPhoneマネージャーとは、WindowsMac両方に対応、iPhoneiPadiPodのデータをバックアップ&転送できるプロのソフトで、機種変更する時にiPhoneバックアップ&データ移行にすごく役に立ちます。またファイル転送する上、これまでにない速度を備えていて、500MBほどの画像ファイルをインポートするに僅かの1分、3402の曲をパソコンにエクスポートするに30分しかかかりません(USBの場合、1時間40分かかる)。驚くほど速いです。

DearMob iPhoneマネージャー具体的な使い方:WindowsMac

動作環境

OS: Windows 1087VisaXP (64bit& 32bit)

Mac OS: macOS HighSierramacOS SierraOSX 10.1110.1010.910.8

iOS: iOS 111098765
記事全文はこちら:
https://www.businesswire.com/news/home/20180105005305/ja/


[PR]
by laura1988 | 2018-01-08 17:43 | データバックアップ

iPhoneX/iPhone8にして、iPhone写真読み込みできない?!

「iOS11にしてから、写真アプリでiPhone写真読み込めないことがよくある。どうすればいいだろうか」「新しいmacOS High Sierraにしてから、iPhone写真読み込みできない。」「PCのiPhoto にiPhone写真を読み込まない。原因と対処方法を教えてください」「iPhoneからMacへLighteningケーブル接続で写真を読み込む際にMacの写真アプリの読み込み画面で「写真なし」との表示が出てiPhone内にある写真が読み込めなくなってしまった。iPhone自体はMac上で認識できる。何が原因でそうなってしまったのか分からない。」と質問した人は多いだろう。

ネットで検索してみると、PC/iPhoto iPhone写真読み込みエラーで困っている人は少なくない。心配しないで、以下では、iPhone写真読み込めない原因、及び対処方法を詳しくご紹介する。

iPhone写真読み込みできない原因(理由)って?

PC/iPhoto にiPhone写真を読み込まないことで悩んでいるのか。iPhone写真読み込めない原因と対処方法を探しているのか。iTunesを使わずにiPhone写真読み込みソフトウェアをお試したいのか。もしそうでしたら、この記事を読めば役に立てるかもしれない。そこで、まずiPhone写真読み込みできない原因(理由)をまとめてご紹介する。原因(理由)を特定してから、iPhone写真読み込みエラーへの対処方法を探してみよう。

iPhone写真読み込みできない原因1:容量不足

iPhoneのストレージも空き容量が不足となったら、PCからiPhone写真を読み込まないことがある。だから、Windows/Mac PCから写真をiPhoneに読み込む(転送する)前、iPhoneの空き容量をチェックしてみてください。対して、iPhone写真をWindows/Mac PCに読み込む(バックアップする)前、ハードディスクの容量も予め確認しておくべきだと思う。

iPhone写真読み込みできない原因2:画像転送ソフトiPhotoが不具合

PCのiPhotoにiPhone写真を読み込まない時、iPhoneをMacに接続し、iPhotoを起動した状態でiPhoneのカメラアプリを起動してみてください。まだ解決できない場合は、iPhoto以外、他の画像転送ソフトをお試し下さい。

iPhone写真読み込みできない原因3USBケーブル

iPhone写真読み込めないことにあったら、USBケーブルとパソコンがちゃんと繋いでいるか、ケーブルには故障があるかご確認ください。

iPhone写真読み込みできない原因4:HEIF(heic)

iOS11の新画像圧縮方式はHEIF(heic)となり、現段階では汎用性は高くなくて、パソコンに取り込むとうまく表示されなかったり、photoshopなどのソフトウェア/アプリケーションに読み込めない。だから、photoshopなどの編集ソフトウェアにiPhoneX/iPhone8/8 Plusなどの新型iPhone写真を読み込ませる場合は、HEIF(heic)から.jpgに変換する必要がある。

iPhone写真読み込みできない原因5:OSバージョンアップによる影響

最新版のOSにバージョンアップ(アップデート)すると、不具合が発生する可能性が高い。例えば、ネットでは新しいmacOSにしてから、iPhone写真読み込めないことが発生するなど不具合がある。だから、以前はiPhone写真が上手く読み込めるが、OSバージョンアップで読み込めないのなら、元のOSに戻してみてください。

iPhone写真読み込みできない原因6:通信環境が悪い

使っているネットの回線が極端に遅くなっている場合、又はネットワークエラーで回線が繋がらない場合、Windows/Mac PC/iPhotoなどにiPhone写真を読み込まないことがある。この時、ルーターを再起動したり、ファームウェアのアップデートを試したり、電波の良い所で再度行ってみてください。

【決定版】iPhone写真を読み込まない時の対処方法はこちら

上記でまとめてみたiPhone写真読み込めない原因を参考にしながら、iPhone写真読み込めない理由を特定してみて、iPhone写真読み込みエラーを一発解決できるかも。

以下では、iPhone写真読み込み、iPhone写真バックアップ(転送・同期・削除・変換)を行えるソフトウェアMacX MediaTransをご紹介する。直感的なインターフェースを持ち、機能も豊富で、iPhoneX/8/8 Plus/7/6s/6/SE/5sなどのiPhone写真を読み込め、写真を自由に編集・変換・削除できる。

iPhone写真読み込みできない時の対処方法1iPhone写真からPCに転送バックアップ

Step1:iPhoneをパソコンに差し込んでください。iPhone写真読み込みソフトMacX MediaTransをダウンロード・インストールしてください。完了したら、インターフェースにある「写真転送」ボタンをクリックする。写真読み込み画面が表示される。

Step2:PCに読み込みたいiPhone写真にチェックを入れてください。緑で標記される「すべてを選択する」にチェックを入れるとあらゆる写真がPCに転送できる。簡単に一日あるいは一月で撮った写真をクリックするには「グループ」を「日により」あるいは「月により」に並べ替えて、転送したい写真にチェックを入れてください。

Step3:一番上にある「エクスポート」をクリックしたらPC iPhone 写真 読み込み作業が始まる。転送量によって、少し時間がかかり、少々お待ちください。

詳細は、

https://www.macxdvd.com/apple-iphone-transfer/suteki-how-to-export-iphone-photo-to-pc.htm までにご参照ください。

iPhone写真読み込みできない時の対処方法2iPhone写真HEIF(heic)から.jpgに変換

Step1:MacX MediaTransをお使いのPCにダウンロードとインストールする。その後は、MacX MediaTransを起動する。後は、iPhoneX/8/8 PlusをUSBケーブル経由でPCに接続する。

Step2:MacX MediaTransのメイン画面で、「写真転送」をクリックして写真管理画面に入る。ここで、iPhone内の画像が表示される。

※ソフト右上側にある「グループ分け」のところでは、画像の表示モードが変更できる。時間では「分けない」「日により」「月により」「年により」などがある。そして、その右には6つの小さい■と4つの■がある。6つのアイコンをクリックしたら画像の表示個数は4つのより多い。

Step3:PCに読み込みたい写真、つまり.heicから.jpgに変換したいファイルを選ぶ。後は、「エクスポート」の隣にある「▼」をクリックして、その下にあるポップアップメニューから「HEICをJPGへ変換」を選択する。このように一度設定すれば、これからはHEIC画像を自動的にJPGで出力してくれる。

Step4:「エクスポート」を再度クリックして、.heicファイルを.jpgに形式てパソコンへ移行するプロセスが始まる。

Step5:このiPhone写真読み込みソフトの一番上側にある「エクスポート」ボタンを押すと、iPhoneX/8/8 Plusで撮ったHEICをJPGに変換する。

詳細は、

https://www.macxdvd.com/apple-iphone-transfer/smart-convert-heif-heic-photos-to-jpg.htm までにご参照ください。

iPhone写真読み込みできない時の対処方法3iPhone写真削除

Step1:iPhoneをパソコンに差し込んでください。iPhone写真読み込みソフトMacX MediaTransをダウンロード・インストールしてください。完了したら、インターフェースにある「写真転送」ボタンをクリックする。写真読み込み画面が表示される。

Step2:iPhoneアルバム削除を行う前にその中にあらゆる写真を削除することが必要である。そのカメラロールにクリックして、「すべてを選択する」にチェックを入れて、「写真削除」と書かれたボタンをクリックする。

Step3:削除したいiPhone写真 アルバムに指したら「×」が見える。その上にクリックしたらiPhone 写真 フォルダが削除できる。この方法で削除できないカメラロールの場合に、その中に写真を保存して、すべての写真を削除すればカメラロールがなくなる。

Step4:右下にある「同期」ボタンをクリックしたらパソコンで変更されるものをすべてiPhoneに適用する。そうしたら写真とカメラロールを消して、iPhoneの空き容量も増やせる。

詳細は、

https://www.macxdvd.com/apple-iphone-transfer/suteki-how-to-delete-iphone-camera-roll.htm までにご参照ください。


[PR]
by laura1988 | 2017-12-29 18:17 | データバックアップ

消した動画を復元しiPhoneに復活させたい?

iPhoneの容量が足りない、ある動画がいらないなど理由で、iPhone動画を消した。後でその動画が見たくなる時に、消した動画復元ソフトが必要。iPhone動画復元ソフトがあればバックアップしたファイルからほしい動画を復元すればiPhoneに動画が復活する。が、iTunesでiPhoneバックアップ復元するとすべてのデータはおかしくなり、大変なことになる。iPhone復元に動画を選択してほしい動画だけ復元するiPhone動画復元ソフトならこの問題を避ける。ではこれから消した動画を復元し、iPhoneのデータはおかしくなるはしないソフトをご紹介しよう。

記事全文はこちら>>

iPhoneiPadなど対応な消した動画の復元ソフト:簡単で直感に実現できる

iPhoneバックアップ復元に得意のiOSデータ管理ソフトといえばMacX MediaTransである。このソフトならiPhone復元に動画、写真、音楽といったデータに対応でき、高速に完成できる。このiPhone動画復元ソフトで動画を復元する時に、パソコンにバックアップされた動画を指定して、指定された動画のみ復元する。ファイル名、画像などで指定できるので、直感的に操作でき、初心者でも簡単にできる。消した動画を復元後iPhoneのデータがそのままで、バラバラしないので、心配がない。いま初心者に一番やさしい消した動画復元ソフトで、一番高速にiPhoneバックアップ復元できるのもこのソフトである。ではこれからこのソフトでiPhone復元して動画を復活する方法を画像付きでご説明しよう。

iPhone動画復元ソフト使い方:いますぐ消去した動画を取り戻す

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

ステップ1iPhone復元に動画対応なウィンドウを開ける。

MacパソコンにiPhoneを連携してください。

iPhoneバックアップ復元に対応する機能がすべて見られる。その中に「ビデオ管理」と書かれたボタンをクリックして、動画管理機能対応なウィンドウを開ける。

ステップ2:復活したい動画を選択する。

「ビデオ追加」と書かれたボタンをクリックして、バックアップフォルダを開けて復活したい動画を選択して、追加する。

ステップ3:消した動画を復元しiPhoneに転送する。

「同期」と書かれたボタンをクリックすれば選べられた動画をiPhoneに転送し始まる。

iPhone復元に動画、音楽、写真、電子書籍など対応、サプライズ機能加え!

この消した動画復元ソフトで簡単に動画を取り戻す。が、これだけではない。動画をiPhoneに転送する時に、iPhoneに対応できない動画を対応できるファイルに変換できる。もちろん逆に動画をiPhoneから取り出し、バックアップすることも高速に完成できる。音楽、写真、電子書籍なども動画のように対応でき、同期できる。サプライズ機能として動画変換以外に、音楽のDRM解除や、HEIC形式の写真をJPG形式に変換などもできる。どこでもお持ちのファイルが再生できるよう、MacX MediaTransがこのような機能を次々と加えられる。


[PR]
by laura1988 | 2017-12-11 13:25 | データバックアップ

コンテンツの取り込みから、管理・再生、ウォークマンへの転送まで簡単に行える体験型・統合アプリケーションX-アプリのダウンロードサービスは、2017年12月に終了予定。本文は、新しいパソコン/iTunes/SDカード/USB にXアプリデータ移行(引越し)を行える方法をまとめてご紹介する。それで、サービスが終了しても、お気に入りのXアプリライブラリーが聴ける。

記事全文はこちら

Xアプリデータ移行方法って?

「新しいパソコンとXアプリを移行したくて、外付けハードディスクやUSBメモリにXアプリ及びXアプリ内のデータをコピーする方法があるのか。」「Xアプリに保存してある曲などを新しいパソコンに移すことはできるのか。Sonyのウォークマンを購入し、Xアプリを使って曲をパソコンに取り込んだり、移動したりしている。新しいパソコン買い替えようかなと思っているが、古いパソコンから新しいパソコンにXアプリデータ引越しなどを行える方法を教えてください」「iTunes Xアプリデータ移動について。ウォークマンからiPodに乗り換えようとする時、Xアプリ内に保存している曲をできる限り音質を保ちiTunesに移行したくて、何か使いやすいソフト/アプリがある」「Xアプリ音楽をUSBに入れる方法を教えてください。USBメモリへXアプリデータ移行を行えるツールがあれば、操作手順まで詳しく教えてくれたら助かる」「XアプリからSDカードに音楽を移動する方法を教えてください。SDカードで音楽を聴きたい。」と質問した人は多い。

以下では、新しいパソコン/iTunes/SDカード/USBにXアプリデータ引越しを行える方法(アプリ/ソフト)をご紹介する。

新しいパソコン/iTunes/SDカード/USBXアプリデータ移動方法

ネットで検索してみると、GoogleやYahooキーワードでは「Xアプリデータ移行 Music Center」「Xアプリデータ移行 usb」「Xアプリデータ移行パソコン買い換え」「Xアプリデータ移行 sdカード」「Xアプリデータ移行 iTunes」「Xアプリデータ移行 パソコン」がある。更に、最新情報によると、音楽/写真/動画/ポッドキャストなど、さまざまなコンテンツを取り込み、再生/編集/対応機器へ転送する体験型・統合アプリケーションXアプリ及びMedia Goのダウンロードサービスは2017年12月をもって終了することと伝えている。Xアプリ及びMedia Goの代わりになれるツールは、ソニー側はMusic Center for PCを提供している。

上記から見れば、Xアプリが終了される前、Xアプリに保存している大切なデータをバックアップする(Xアプリデータ移行)必要がある。そこで今回は、新しいパソコン/iTunes/SDカード/USBにXアプリデータ引越しを行える方法をまとめてご紹介する。

1Music Center for PCを使ってXアプリライブラリー移行を行う方法

Xアプリライブラリー移行を行う前、Music Center for PCをダウンロード・インストールしてください。Music Center for PCをインストールする時、Xアプリのライブラリーを取り込める。この時に取り込むことができなかったライブラリーについては、ライブラリーの保存場所を指定して取り込んでください。

Step1:Xアプリライブラリーを取り込む

■ インストール時にXアプリライブラリーを取り込む方法:Music Center for PCインストールが完了された後、Music Center for PCを起動し、「xアプリのデータが存在します。このデータを本プログラムに取り込みますか?」画面が表示され、「はい」とクリックし、xアプリのライブラリーが取り込まれる。

■ ファイルの保存場所を指定してXアプリライブラリーを取り込む方法:Xアプリを起動し、「ツール」メニュー⇒「設定」⇒「ファイルの保存場所」⇒「楽曲ファイルの場所」⇒「OK」とクリックする。xアプリを終了すればOK。

Step2:Music Center for PCを起動する。

Step3:Music Center for PCのツールメニューから「設定」を選択する。

Step4:Music Center for PC設定画面では「任意のフォルダーの追加」を選択し、先ほど(Step1)で確認したファイルの保存場所を選択し、「OK」とクリックする。

Step5:確認できたら、設定画面を閉じる。設定したフォルダーがXアプリライブラリーフォルダへ追加され、フォルダー内のコンテンツがMusic Center for PCへ取り込まれる。

2)パソコン買い換え、新しいパソコンにXアプリデータ移行を行う方法

パソコン買い換え Xアプリデータ移行(楽曲やビデオ、写真などのデータ移行)はどうすればいいと困っている人は多いのではないだろうか。以下では、パソコン買い換えた時にXアプリデータ移動方法を紹介する。

■ 事前確認:

① 、Windowsのエクスプローラーによるファイルコピー、Windowsのバックアップ機能、そのほかのデータ移動ツール(「VAIOお引越サポート」など)を使用した場合、x-アプリへの取り込みや再生、ウォークマンへの転送ができない可能性がある。

② 、moraでご購入された曲、x-アプリへ取り込む際に著作権保護処理を行った曲などは、コピーするだけでは著作権情報を引き継ぐことができず、そのまま再生することができない。著作権情報を正しく引き継いでバックアップと復元を行うため、バックアップツールを使用してください。

Step1:Xアプリバックアップツールを利用して、バックアップデータを作成する。詳細は、http://www.sony.jp/support/pa_common/x-appli/backup/index.html をチェックしてください。

Step2:新しいパソコンに最新バージョンのXアプリをダウンロード・インストールする。

Step3:Xアプリバックアップツールを使って、Step1で作成したバックアップデータを新しいパソコンのXアプリに復元する。

3iTunesXアプリデータ移行を行う方法

XアプリからiTunesに音楽を移行して、iPhone/iPad/iPodで音楽を聴きたい人は多い。それで、ウォークマンからiPhone/iPad/iPodに機種変更しても、お気に入りの音楽を視聴できる。以下では、iTunesにXアプリデータ引越しする操作手順を詳しくご紹介する。

方法1:最新バージョンのiTunesをダウンロードしてインストールする。インストールが完了されたら、iTunesから「ファイル」⇒「フォルダーをライブラリーに追加」⇒「xアプリで取り込んだ曲のファイルが入っているフォルダー」とクリックする。

方法2:Xアプリで取り込んだ曲のファイルが入っているフォルダーを、iTunesライブラリーにドラッグ&ドロップする。もしWMAで取り込んでいたのであれば、「~フォーマットに変換してiTunesライブラリーに追加する」といったダイアログが表示されるので、「変換」をクリックする。iTunesにATRAC、ATRAC3のファイルは直接に取り込めないご注意ください。この時、MP3 Conversion Toolを使って、ATRAC/ ATRAC3からMP3に変換する必要がある。

方法3:最新版のXアプリなら、変換したい曲を選択し、右クリック「wav形式で保存」を選択して、できたwavファイルを取り込んでください。

方法4:moraから購入した曲で著作権保護されているもので、書き込み可能のものならば、一旦CDに、「オーディオCD」として焼いてから、iTunesに取り込んでください。Xアプリの「音楽CDの作成」でできる。

Xアプリ音楽をiPhoneに移行する方法の詳細は、https://www.macxdvd.com/apple-iphone-transfer/excellent-x-appli-musci-iphone-transfer.htm までにご参照ください。

4SDカード/USBXアプリデータ移行を行う方法

Xアプリの機器へ転送から転送ができるのは、Xアプリに対応したウォークマン、及びメモリースティックである。パソコンのカードリーダーに挿入したSDカードやUSBフラッシュメモリーには、直接にXアプリから転送できない。

x-アプリに取り込んだ楽曲の保存先フォルダーから、パソコンの「エクスプローラー」を使用してコピーすれば、パソコンに接続したSDカード・USBフラッシュメモリーに保存できる。

Step1:Xアプリに取り込んだ楽曲の保存場所を確認する。

Step2:保存場所のフォルダを開き楽曲をコピーする。Step1で調べた楽曲の保存先フォルダーと、SDカードやUSBメモリーのフォルダーをそれぞれ開き、楽曲をコピーしてください。

【まとめ】Xアプリデータ移行方法

いかがだろうか。上記では、新しいパソコン/iTunes/SDカード/USBにXアプリデータ引越し方法を詳しく紹介した。Xアプリのダウンロードサービスが終了される前、Xアプリに保存している楽曲をバックアップし、PC/iTunes/iPhone/iPad/SDカード/USBに転送し、聴きたい時に聴ける。


[PR]
by laura1988 | 2017-11-23 18:48 | データバックアップ