Macの専門家

macsoftare.exblog.jp

Mac os Xの環境で使えるソフトウェアを探してみましょう。

iCloudから最新のバックアップからしか復元できない時の対処方法

iCloudバックアップ復元できないことで困っているのか。 iCloudバックアップ復元できない原因を探しているのか。本文は、 iCloudバックアップから復元する方法を詳しく紹介し、お使いのiPhone/iPad/iPodにあるデータが無損失で復元できる。

iCloudバックアップ復元できない

「iCloudから最新のバックアップからしか復元できないのだろうか」「iPhoneで写真をiCloudバックアップから復元したいが、復元できなかった。パソコンからiCloudにログインして確認してみても、写真だけなぜか見れない。対処方法があれば教えてください。」「iPhoneを機種変更したらiCloudバックアップを使って復元する方法を教えてください。」「Lineのトーク履歴をiCloudバックアップから復元したくて、元通りに復元する方法って何。」とよく聞かれる。

これら問題を解決するため、以下ではiCloudバックアップ復元できない原因(理由)を特定してみる。

iCloudバックアップから復元できない理由(原因)

上述ではiCloudバックアップ復元できない失敗例をまとめて紹介した。検索してみると、iCloudバックアップを使って復元できない主な原因は、サーバーエラーと言われる。その他、様々な原因もある。そこでiCloudバックアップ復元できない原因をまとめて紹介する。

iCloudバックアップ復元できない原因①:機種変更&古いiOS

機種変更でiCloudバックアップを使って復元しようとする際、このiPhoneのソフトウェアが非常に古すぎるため、バックアップ○○○はこのiPhoneの復元にはしようできないといったエラーメッセージが表示されてしまった。古いiPhoneを最新のiOSにアップデートしてから、バックアップ復元を行う時にエラーが発生しない。

iCloudバックアップ復元できない原因②:Wi-Fiネットワーク

iCloudバックアップから復元する作業を無事に完成させるには、安定したWi-Fiネットワークと正常な電源に接続する必要がある。その他、iCloudバックアップを使って復元が終わるまでかかる時間はバックアップされるデータサイズとWi-Fiネットワークの速度に関係がある。

iCloudバックアップ復元できない原因③:Apple ID

iCloudバックアップ復元できない原因のもう一つ目は、Apple IDである。iCloudバックアップが別のApple IDで行われた可能性があり、復元作業を開始する前、お使いのデバイスのApple IDをチェックしてみる。

上記で紹介された原因だけではなく、お使いのiPhoneで過去180日間バックアップを取っていないか、お使いのiPhoneをiCloudでバックアップを一度も作ったことがないか、iCloudバックアップ可能な空き容量が充分にあるのかなどがある。

iCloudバックアップ復元できない時の対処方法

iCloudバックアップ復元が手軽に完成できるため、多くの方々に利用される。だが、iCloudバックアップから復元できなくて、iCloudを使わずに他のソフトウェアを使いたい人はいる。そこで今回ではiCloudバックアップを使って復元できない時の対処方法を紹介する。

iCloudバックアップ復元できない時の対処方法①:MacX MediaTrans

MacX MediaTransは、iPhone/iPad/iPodデータを管理できるソフトウェアで、iTunes不要でも音楽、写真、動画、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなどといった様々なファイルをバックアップ・復元できる。最大な特徴は、データのバックアップ復元速度が一番速い所。

機種変更でiPhoneデータをiCloudバックアップから復元したい時は、このソフトウェアは一押し。

Step1:MacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。ソフトウェアの表記言語はお使いのコンピューターのシステム言語によって変更できる。インストールが完了したら、iCloud代わりになれるデータバックアップ復元ソフトを立ち上げる。

Step2:お使いの古いiPhoneをUSB経由でパソコンに差し込んでください。ソフトウェアのメイン画面にある「写真転送」をクリックする。

Step3:写真転送画面が表示されたら、バックアップしたい「写真」にチェックを入れるか、「すべて選択する」にチェックを入れ、バックアップしたい写真を確認する。「グループ」/「日により」/「月により」と並べ替える。

Step4:バックアップしたい写真が確認したら、「エクスポート」をクリックし、古いiPhoneにある写真をコンピューターにバックアップする。

バックアップが完了したら、MacX MediaTransを使ってバックアップされた写真を新iPhone(iPhone X/8)に復元する。

Step1:コンピューターから古いiPhoneを取り外し、新しいiPhone(iPhone X/8)をUSBケーブル経由でコンピューターに接続する。

Step2:MacX MediaTransのメイン画面にある「写真転送」をクリックし、写真転送画面が表示される。そこで「写真追加」ボタンをクリックし、先ほどバックアップした写真をソフトウェアに読み込ませる。「すべて選択する」にチェックを入れる。

Step3:選択完了したら、画面の右下にある「同期」ボタンをクリックし、写真を新しいiPhoneに復元することが開始。それで、iCloudバックアップ復元できない不具合を解決した。

iCloudバックアップ復元できない時の対処方法②:iTunes

iCloudバックアップから復元できない時、Macの標準アプリケーションiTunesを使ってみる。iTunesが使いづらくても、安定性が高く、使っている人もいる。

Step1:デバイスをバックアップする時にお使いのコンピューターでiTunesを起動する。

Step2:iPhoneをUSBケーブル経由でコンピューターに接続する。「このコンピューターを信頼しますか?」又はデバイスのパスワードの入力を求めるメッセージが表示されたら、画面の指示に従って操作する。

Step3:iTunesにお使いのiPhoneが表示されたらクリックする。

Step4:iTunesで「バックアップを復元」をクリックする。

Step5:各バックアップの日付とサイズを見比べ、最適なものを選択する。

Step6:「復元」をクリックし、復元が完了するまで少々お待ちください。


[PR]
by laura1988 | 2018-04-28 17:49 | データバックアップ