Macの専門家

macsoftare.exblog.jp

Mac os Xの環境で使えるソフトウェアを探してみましょう。

2016秋に公開されたスマホのなかに、一番人気なのはXperia XZとiPhone7であろう。iPhone7が既に公開されて発売された。今回はジェットブラック機体が入ってくるが、依然としてiPhone7とiPhone7 Plusからなっている。価格は最安72800円で、メモリ容量によって94800円になる機種もある。一方、Xperia XZは公開されたが今発売されていない。発売は11月上旬になり、ドコモ、ソフトバンクとauも発売する予定である。デザインは高級感満々であるが、Xperia XZ iPhone7比較したらXperia XZのほうが高くなりそうで、82000円になるという。Xperia XZ iPhone7どっちでも前代より大きく進化されたというわけがないので、今Xperia X performanceあるいはiPhone6sを使っている人にとって買い直す必要がないが、でもそれより古い機種から機種変更を検討しているお方にXperia XZ vs iPhone 7どっち買ってもいい選択である。【記事全文はこちら>>

Xperia XZ 評価|今までのXperia XZ 不具合を全部まとめ

Xperia XZ 不評ディスプレイのタッチ不良

軽く押さえただけだと反応しなかったり、2回画面を押す「ダブルタップ」と画面を縦や横に動かす「スワイプ」の操作を誤認識するところがある。タッチ操作の多いゲームをする方にとってはかなりダメージの大きいXperia XZ 不具合といえる。

Xperia XZ 不具合:明るさの自動調整がうまくいかない

明るさの自動調節をONにしても調整がうまくいかない場合があるようだ。

Xperia XZ 不評SIMカードを抜くとスマホが自動的に再起動

「SIMカードを挿入する時、二度と再起動して、ようやくSIMカードをXperia XZに入れて待受状態になる。」と文句をつけるユーザがある。これはXperia XZがホットプラグを支援しないからだ。いま、ほとんどのスマホがホットプラグを支援。このXperia XZ 不具合は多少不便利をもたらすね。

Xperia XZ 不評ディスプレイ

この前のXperia Z5 Premiumは4Kという大きく高精細なディスプレイを搭載しているが、Xperia XZ で4Kディスプレイを採用しなく、しかもQuad-HDディスプレイも採用しない。Xperia XZでフルHDのディスプレイを採用した。他メーカーのフラッグシップモデルには、WQHDといったフルHDを超える解像度のディスプレーを搭載したものがすでに登場した。これはXperia XZデメリットのひとつと言えるだろう。

Xperia XZ 不具合:つなぎ目が目立つデザイン:この前、Xperia XZのために行われた説明会で外観のデザインについて「つぎ目のないデザイン」をアピールしていた。でも、Xperia Xの背面が全メタルと違い、Xperia XZは背面下部に樹脂素材が使われ、つなぎ目が目立つデザインに変更されている。ただ外観の美観デザインからすれば、確かにXperia XZ 不具合の一つと言えるが、でも、これもアンテナ性能で変更しなきゃので、まあ、ソニー エクスペリアXZ 不具合というより、むしろ残念なことだろう。

Xperia XZデメリット:重さとサイズ:もう一つのXperia XZ 不具合はXperia XZの重さが161gで、持ち運びに少し重い。また、Xperia XZのサイズは146×72×8.1mmで、8.1 mmの厚さはちょっと厚くなったね。だから、これもXperia XZデメリットだと思うユーザもいる。

Xperia XZデメリット:ただ3GBのRAM:小容量のRAMがXperia XZ 不具合の一つ。現在、ほかのスマホメーカにより開発した4GBや6GBの大容量のRAMのAndroidスマホが多く登場した。しかし、フラッグシップモデルとしてのXperia XZにはただ3GBのRAMが搭載したとはちょっと小さいだろう。多くのアプリと機能が同時に使うと、スムーズに運行していけないかも。

Xperia XZ 不具合:バッテリー:今回、Xperia XZバッテリの容量がただ2900mAh。つまり、容量としてはただ平均的。例えば、この前発売開始したのGalaxy Note7のバッテリーは3500mA、iPhone 7 Plusのは2910mAh。ただ2900mAhの平均的なバッテリー容量もXperia XZ 不具合とXperia XZデメリットと言える。Xperia XZのバッテリーの容量を少し上げればいいね。

Xperia XZ 不評:FMをサポートしない:これもXperia XZデメリットだなー?あるXperia XZ 評価に関するページはXperia XZ がFMをサポートしないことをXperia XZ 不具合の一つとする。確かにXperia XZ はFMをサポートしなないので、直接にラジオを聞けないのがXperia XZデメリットだけど、インタネットと接続できるので、デジタルラジオを楽しめる。今、ほとんどのスマホがFMをサポートしないのよ。それは大したXperia XZ 問題ではないと思う。

Xperia XZ 不具合:USB Type-CはUSB 2.0規格:USB Type-BからUSB Type-Cへと変更されているが、今、USB Type-CはUSB 3.1規格をサポートが、Xperia XZに搭載されているUSB Type-CはUSB 3.1規格ではなくUSB 2.0規格になっているので、転送スピードを上げない。これがXperia XZ 不具合のひとつ。

iPhone7 評価|今までのiPhone7不具合を全部まとめ

バッテリー持ち時間が短すぎる:最新なiPhone7情報によると、iPhone7のバッテリー容量は噂の3000mAhではなく、1715mAhである。この噂が確認されていないが、今iPhone7を入手した人はみな、エネ消費がはやいと言っている。iOS10搭載しているiPhone6sと同じようなバッテリー駆動時間で、進化されるところはちっともない。iPhone7バッテリー長持ちさせる方法>>

ディスプレイの色がおかしい:ディスプレイの一部が少し黒くなったり、黄色になったり、また緑の色になったりすることがある。実はディスプレイの色がおかしいとは、iPhone7だけあるiPhone7バッグではない。iPhone5以降の機種がこの問題がたまたまある。この問題があっても心配の必要がない。このアイホン7不具合のあるiPhoneの中に、多くのは一週間経てば直れる。また、スマホを買ったから一週間に買った店に行って新しいiPhone7を換えてくれることもできる。

メモリ不足:iPhone7の16GB機種は32GB機種になるとは喜ぶことである。これから16GB機種が全然足りないから64GBを買うしかないユーザーが多くいるであろう。が、64GB機種を長く使ってきたユーザーは32GBを利用すればやはりメモリ不足の問題がある。64GBユーザーは今使っているスマホに32GB以上のスペースがあるかと確認してから、128GBか32GBかと決めるほうがオススメする。

Homeキー押せない:前代のiPhoneが使ってきたユーザーはロックを解除するとHomeキーを押すが、iPhone7になったらHomeキーが故障がありそうで押せない。実はこれはiPhone 7 不具合ではなくて、iPhone7の新特徴である。タッチすればロックを解除したりTouch IDを利用したりすることができる。これでいつかHomeキーが壊れる心配がいらない。でもそもそもiPhoneのHomeキーは壊れる可能性が低いけど。

機体過熱:iPhone7を利用したら機体がすぐ熱くなり、特に大型ゲームなどのアプリなどでより一層きびしくなる。防水にして気密性が高くなり、熱が逃がしにくいからだと言われている。でもiPhone7のライバル機種はこの問題がない。本当だったら防水できるiPhone7か機体過熱問題が厳しくないiPhone6sかと、慎重に考えるほうがオススメする。

機内モード復帰しない:iPhone7を機内モードにする前によく考えてください。機内モードにしたら通信できないが、解除しても通信ができない。iOS10搭載なiPhone6とiPhone6sがこの問題がないので、iOS10不具合ではなくてiPhone7だけある不具合である。アップル公式サイトからの解決法であるが、iPhone7を機内モード解除しても通信できない場合に再起動すれば通信できる。でもこれは一時だけの解決法であり、今度iPhone7が機内モードにすると問題が依然としてある。

ジェットブラックが傷つきやすい:iPhone7を手に入れて実験したことにより、ジェットブラックの機体が非常に傷つきやすい。鍵などは言うまでもなく、爪などで傷つくこともある。しかも汚れやすくて、指紋などが残る。いつも拭いでもきれいにならない。大事にするとしばらく安心できるが、いつのまに色が褪せるかとわからない。これでケースは必要なものになる。ジェットブラックのiPhone7を買ったら絶対ケースを脱がすな!


[PR]
by laura1988 | 2016-11-01 18:44 | ITニュース&機種変更

f:id:laurazlb:20161011120305j:plain

出火問題のGalaxy Note7、販売および交換停止をSamsung発表

CPSCのElliot F. Kaye委員長は声明の中で、「スマートフォンが自分自身や家族、財産を危険にさらす可能性について心配しなければならないことなど、あってはならない。Galaxy Note7をめぐっては、安全性に対する懸念が今でも存在する。それを考えると、サムスンがすべてのGalaxy Note7の販売と交換を停止したのは、適切な処置だ」と述べた。

Samsungは10月11日、8月末から起きていたGalaxyNote7発火事件で、全世界のパートナー企業に対し、同製品の販売と交換を停止するよう求める声明を出した。同社は一部地域でGalaxyNote7販売開始後に発火事件が発覚し発売を延期、発売後には35件もの発火・爆発が起き自主回収。

出火問題のGalaxy Note7、販売および交換停止をSamsung発表 (ITmedia ニュース) - Yahoo!ニュース

【Galaxy Note7販売・交換停止】次世代モデルGalaxy Note8リーク情報・噂まとめ - NAVER まとめ

iPhone7、韓国で21日に発売か〜リコールで揺れるSamsungのお膝元へ

f:id:laurazlb:20161011120534j:plain

iPhone7/7 Plusは、Apple韓国のホームページ、およびモバイルキャリアの各店舗で販売される予定。

ET Newsは、Apple韓国とモバイルキャリア3社が9月29日に話し合いを行い、アメリカのApple本社による最終許可を経て、10月21日発売を決定したと伝えている。

いずれにしてもAppleにとって、今回のiPhone7/7 Plusの発売は、韓国におけるシェア拡大の絶好のチャンスとなりそう。

iPhone7/7 Plusは10月7日にはインド、14日には南アフリカ、マカオ、マケドニア、モンテネグロ、トルコ、マレーシアなどで発売される。

iPhone7、韓国では21日発売…価格は「未公開」 (中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース

iPhone7/7 Plus韓国発売開始|iPhone7/7 Plusの新機能、価格をチェック!


[PR]
by laura1988 | 2016-10-11 12:38 | ITニュース&機種変更

【随時更新】iPhone次世代モデルiPhone7スペック、新性能、価格、発売日などの最新情報をお届け


iPhone 6sが発売したばかりなのに、次期のiPhoneモデルiPhone7の噂も飛び交っている。iPhone 6sより、iPhone7はもちろん性能向上するのである。iPhone7では、いままでiPhone 6sへの不満を吹っ飛ぶのかと期待されている。ところが、アップルとしては無理に性能向上幅がそれほど大きくないと思われる。良いか悪いか、iPhone7の発売日まで待たずにわからない。それとしても、噂や、リーク情報からiPhone7の模様を一応想像できる。さて、本文はネットからiPhone7の最新情報をいろいろまとめて、最も注目されているデザイン、スペック、新機能、発売日、価格などからiPhone7を分析する!アップルファンや、スマホ新機種に買い換えたい方なら、ぜひ見逃さないでください。


追記:最新情報によると、次期 iPhone (iPhone 7) は、16GBモデルが廃止!最小モデルは32GBからに変更になるようです。ラインナップは32GB/128GB /256GBになる見込みです。そして、スペースグレーのかわりに、iPhone7に新色「ディープブルー」を追加します。つまり、カラバリはシルバー、ゴールド、ディープブルー、ローズゴールドの4色展開。(6/12)


記事全文はこちら>>


iPhone7最新情報&噂:iPhone7スペック、新性能一覧



iPhone 7最新情報: デザイン:iPhone 7には、アップグレードされたiOS、向上のカメラ、よりインテリジェントなSiriを搭載するが、おしゃれ好きな方にとって、デザインは何よりである。とにかく、iPhone 7は抜群なスマホになれるかとデザインも重要な一環である。より薄く、より強く、より多くのガラスを採用するデザインが期待できるそうである。報道によると、アップルは再び特許を取得したフラット化された液晶ディスプレイに興味を示すそうである。それによると、先代モデルに採用されたホームボタンとベゼルがiPhone 7にはない。そして、アップルは側壁ディスプレイをやめて、その代わりに、3Dタッチ機能を活用できる仮想ボタンを搭載するのである。例えば、強く押したり弱く押したり音量を調整する;また、カメラの場合、クリックして写真を撮り、強くクリックして動画を撮影する。(2016新モデルXperia Z6とiPhone 7どっちが優秀か>>


iPhone 7スペック:iPhone 6sとiPhone 6s Plusはやっと大幅にスペックを向上した。例えば、背面のメインカメラ(iSightカメラ)はiPhone 6/6 Plusの800万画素から1200万画素にパワーアップ!iPhone 7の場合、たぶんカメラ上でアップデートは無理だろう。また、長い間、アップルは画面解像度の改善にそんなに重視していない。現在のところ、ライバルはクアッドリンクUltra HDディスプレイを採用している。それに対して、アップルがiPhone 7のピクセルをあげるか、Plusモデルの場合、400ppiをあげるだろうか。新しいApple A10プロセッサーとM10モーションコプロセッサを搭載するため、向上の通常パフォーマンスが期待されている。そして、iPhone 7はiOS 10を搭載するそうである。アップルは2016年6月のWWDCでiOS 10(iOS X?)をリリースすると予想される。(【機種変更】iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違いはどこ?どっちがお得?>>


Apple「e-SIM」:アップルはiPad Air2、iPad mini4及びiPad Proに、ユーザーが自由に携帯キャリアを選び、切り替えることが可能な独自のSIMカードを搭載している。同様のカードがiPhone6s/6s Plusにも搭載されるとの噂があったが、残念ながら、実現することはなかった。9to5Macによって、アップルは新たなSIMカード(e-SIM)の導入について、携帯キャリアおよびほかの携帯電話メーカーと協議しているらしい。e-SIMを内蔵するため、iPhone 7は最初のSIMフリーiPhoneモデルと見込む。ところで、e-SIMのメリットは何だろうか。カードの契約者識別モジュールによって、ユーザーは自分の好きな携帯キャリアと契約したり、自由に切り替えたりすることが可能になる。さらに、それはSIMカードの空間を節約して、アップルがもっと薄くなるスマホの開発にも役に立つ。


ワイヤレス充電:ワイヤレス充電機能はiPhone 6sに搭載されるという噂があるが、結局、アップルはユーザーをがっかりさせた。市場で販売されている類似品がたくさんワイヤレス充電機能を搭載する。それに対して、時代に遅れないようとアップルはiPhone 7にその素晴らしい機能を追加するだろう。(iPhone6をはじめとするiOS8のスマホのバッテリーを長持ちさせるには>>)。実に、iPhone 3Gがリリースされたから今まで、アップルはワイヤレス充電方面で色んな特許を取得するのが、本格にiPhoneモデルに活用することがまだである。充電マットにデバイスを置いて充電することはそんなにたいしたことじゃないとアップルは思うのか、あるいは、ワイヤレス充電機能だけではなく、急速充電機能や、充電マット要らずに、bluetoothなんか経由で充電することを実現しようと開発に取り組んでいるか。


防水対応iPhone:2011年以来、アップルは防水対応iOSデバイスの特許出願をし続けるそうである。2014年9月、いずれかの特許出願の中で、米国特許庁にて一つ確認された。iPhoneの部品を保護するには、疎水性(撥水性)コーティング材を使うそうである。今回の特許取得が事実ならば、iPhone 7には防水が施されているので、水場での利用も可能とされている。今までお風呂場で使う事を諦めていた方も沢山いると思うが、今回の防水機能の噂が確かであれば、お風呂でもiPhone 7を利用することができる。すごく楽しみにしているところである。(iPhone6s評価・口コミニュース|不具合まとめ>>


セキュリティ:先代モデルと比べると、iPhone7のセキュリティが一新する!ホームボタンの除去によって、その代わりに、タッチスクリーン上で指紋認識をするか、顔や虹彩認識をするかと予想されている。今年3月、アップルは「顔認識でモバイルデバイスのロックおよびロック解除を行う」という特許を取る。一般的に言えば、アップルにとって、特許を実際に活用するまで約18ヶ月かかるのである。そうなると、2016年9月/10月に登場する予定のiphone 7に間に合うと思われる。(iPhone 7とiPhone 7 Plusどっちが買うべきか?両機種の違いから見てみよう>>


iPhone 7値段・価格:アップルはこれまで、現行モデルと同じ価格で新しいiPhoneを販売する戦略を実行する。向上される性能を考えると、地域によって少し違うけど、iPhone 7はほぼ900-1000ドル(108,105-120,117円)で販売されると思う。iPhone 7は携帯キャリアと契約をすることができるが、今、どのキャリアはその権限が取られるかとあまり想像できない。契約によって、ユーザーはただ最初数百のドルを払って、残り部分は分割払いすることは可能なのである。以下は各モデルの税抜き価格をまとめる。


iPhone 7発売日:iPhone先代モデルiPhone 5と5s、5C、 iPhone 6 と6 Plus、iPhone 6sから見れば、iPhone 7は2016年9月発売予定なのである。


先代モデルの毎年6月リリースするパターンと違って、第四代iPhoneのリリース日の10月に延期された。それは、iPhone 4は大きな成功を収めていたので、アップルは早く新モデルを発表することを避けたからである。(DVDをiPhoneに取り込む方法まとめ!手軽くiPhoneでDVDを見よう>>)。その後、アップルは毎年9月新製品を発表するパターンを採用している。iPhone 7リリース日も例外ではないだろう。そうなると、2016年9月iPhone 7の姿が見られる。iPhone 6sのリリース日は9月10日、発売日は9月25日なのである。では、iPhone 7発売日はリリース後数日後のことだろうか。


iPhone 7について更新履歴


2016年5月10日:Appleの最高経営責任者であるTim Cook氏は、5月初め頃放送のテレビインタビューで、「既存ユーザーが新しいiPhoneに買い換えたくなるであろう、素晴らしいイノベーションを準備中である」と発言、続けて「あなたは今必要か分からないが、振り返った時に「私はこれなしでどう生きていたんだ?」と思うような機能を与えるでしょう」とも語っていた。それにより、iPhone 7について、ファンからの期待も一層高まっている。


2016年5月31日:今までの情報によって、iPhone 7は16nmで統一され、台湾のTSMCが独占受注するA10プロセッサを搭載、従来の3.5mmイヤホンジャックを廃止、そして、iPad Proと同様に4つのスピーカーを提供、紫色のモデルを追加、防水対応、ホームボタンは仮想ボタンに変更するということである。


記事提供元:http://www.macxdvd.com/blog/smart-iphone7-price-release-date-specs.htm


[PR]
by laura1988 | 2016-06-16 12:08 | Mac

本文はネットからiPhone7の最新情報をいろいろまとめて, 最も注目されているデザイン, スペック, 新機能, 発売日, 価格などからiPhone7を分析する! アップルファンや, スマホ新機種に買い換えたい方なら, ぜひ見逃さないでください.

元記事を読む▼

http://www.macxdvd.com/blog/smart-iphone7-price-release-date-specs.htm

【随時更新】2016年新モデルiPhone 7のスペック、新機能、発売日、価格情報妄想リークや噂のまとめ

アイフォーン7の最新情報がリークされ!

iPhone 6sが発売したばかりなのに、次期のiPhoneモデルiPhone7の噂も飛び交っている。iPhone 6sより、iPhone7はもちろん性能向上するのである。iPhone7では、いままでiPhone 6sへの不満を吹っ飛ぶのかと期待されている。ところが、アップルとしては無理に性能向上幅がそれほど大きくないと思われる。良いか悪いか、 iPhone7の発売日まで待たずにわからない。それとしても、噂や、リーク情報からiPhone7の模様を一応想像できる。さて、本文はネットから iPhone7の最新情報をいろいろまとめて、最も注目されているデザイン、スペック、新機能、発売日、価格などからiPhone7を分析する!アップル ファンや、スマホ新機種に買い換えたい方なら、ぜひ見逃さないでください。

iPhone 7最新情報: 新機能

Applee-SIM

アップルはiPad Air2、iPad mini4及びiPad Proに、ユーザーが自由に携帯キャリアを選び、切り替えることが可能な独自のSIMカードを搭載している。同様のカードがiPhone6s/6s Plusにも搭載されるとの噂があったが、残念ながら、実現することはなかった。9to5Macによって、アップルは新たなSIMカード(e-SIM)の導入について、携帯キャリアおよびほかの携帯電話メーカーと協議しているらしい。e-SIMを内蔵するため、iPhone 7は最初のSIMフリーiPhoneモデルと見込む。ところで、e-SIMのメリットは何だろうか。カードの契約者識別モジュールによって、ユーザーは自分の好きな携帯キャリアと契約したり、自由に切り替えたりすることが可能になる。さらに、それはSIMカードの空間を節約して、アップルがもっと薄くなるスマホの開発にも役に立つ。

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電機能はiPhone 6sに搭載されるという噂があるが、結局、アップルはユーザーをがっかりさせた。市場で販売されている類似品がたくさんワイヤレス充電機能を搭載する。それに対して、時代に遅れないようとアップルはiPhone 7にその素晴らしい機能を追加するだろう。(iPhone6をはじめとするiOS8のスマホのバッテリーを長持ちさせるには>>

実に、iPhone 3Gがリリースされたから今まで、アップルはワイヤレス充電方面で色んな特許を取得するのが、本格にiPhoneモデルに活用することがまだである。充電マットにデバイスを置いて充電することはそんなにたいしたことじゃないとアップルは思うのか、あるいは、ワイヤレス充電機能だけではなく、急速充電機能や、充電マット要らずに、bluetoothなんか経由で充電することを実現しようと開発に取り組んでいるか。

防水対応iPhone
2011年以来、アップルは防水対応iOSデバイスの特許出願をし続けるそうである。2014年9月、いずれかの特許出願の中で、米国特許庁にて一つ確認された。iPhoneの部品を保護するには、疎水性(撥水性)コーティング材を使うそうである。今回の特許取得が事実ならば、iPhone 7には防水が施されているので、水場での利用も可能とされている。今までお風呂場で使う事を諦めていた方も沢山いると思うが、今回の防水機能の噂が確かであれば、お風呂でもiPhone 7を利用することができる。すごく楽しみにしているところである。(iPhone6s評価・口コミニュース|不具合まとめ>>

セキュリティ

先代モデルと比べると、iPhone7のセキュリティが一新する!ホームボタンの除去によって、その代わりに、タッチスクリーン上で指紋認識をするか、顔や虹彩認識をするかと予想されている。今年3月、アップルは「顔認識でモバイルデバイスのロックおよびロック解除を行う」という特許を取る。一般的に言えば、アップルにとって、特許を実際に活用するまで約18ヶ月かかるのである。そうなると、2016年9月/10月に登場する予定のiphone 7に間に合うと思われる。

iPhone 7最新情報: デザイン

iPhone 7には、アップグレードされたiOS、向上のカメラ、よりインテリジェントなSiriを搭載するが、おしゃれ好きな方にとって、デザインは何よりである。とにかく、iPhone 7は抜群なスマホになれるかとデザインも重要な一環である。より薄く、より強く、より多くのガラスを採用するデザインが期待できるそうである。報道によると、アップルは再び特許を取得したフラット化された液晶ディスプレイに興味を示すそうである。それによると、先代モデルに採用されたホームボタンとベゼルがiPhone 7にはない。そして、アップルは側壁ディスプレイをやめて、その代わりに、3Dタッチ機能を活用できる仮想ボタンを搭載するのである。例えば、強く押したり弱く押したり音量を調整する;また、カメラの場合、クリックして写真を撮り、強くクリックして動画を撮影する。

iPhone 7スペック

iPhone 6sとiPhone 6s Plusはやっと大幅にスペックを向上した。例えば、背面のメインカメラ(iSightカメラ)はiPhone 6/6 Plusの800万画素から1200万画素にパワーアップ!iPhone 7の場合、たぶんカメラ上でアップデートは無理だろう。また、長い間、アップルは画面解像度の改善にそんなに重視していない。現在のところ、ライバルはクアッドリンクUltra HDディスプレイを採用している。それに対して、アップルがiPhone 7のピクセルをあげるか、Plusモデルの場合、400ppiをあげるだろうか。新しいApple A10プロセッサーとM10モーションコプロセッサを搭載するため、向上の通常パフォーマンスが期待されている。そして、iPhone 7はiOS 10を搭載するそうである。アップルは2016年6月のWWDCでiOS 10(iOS X?)をリリースすると予想される。(機種変更】iPhone 6s/6s PlusiPhone7の違いはどこ?どっちがお得?>>

iPhone 7価格

向上される性能を考えると、地域によって少し違うけど、iPhone 7はほぼ900-1000ドル(108,105-120,117円)で販売されると思う。iPhone 7は携帯キャリアと契約をすることができるが、今、どのキャリアはその権限が取られるかとあまり想像できない。契約によって、ユーザーはただ最初数百のドルを払って、残り部分は分割払いすることは可能なのである。

iPhone 7発売日:

iPhone先代モデルiPhone 5と5s、5C、 iPhone 6 と6 Plus、iPhone 6sから見れば、iPhone 7は2016年9月発売予定なのである。

機種

発売日

iPhone

2007/6.29

iPhone 3G

2008/6.18

iPhone 3GS

2009/6.19

iPhone 4

2010/6.24

iPhone 4S

2011/10.12

iPhone 5

2012/9.20

iPhone 5s/5c

2013/9.20

iPhone 6/6 Plus

2014/9.19

iPhone 6s/6s Plus

2015/9.9

iPhone 7

2016/9 (予想)

先代モデルの毎年6月リリースするパターンと違って、第四代iPhoneのリリース日の10月に延期された。それは、iPhone 4は大きな成功を収めていたので、アップルは早く新モデルを発表することを避けたからである。

その後、アップルは毎年9月新製品を発表するパターンを採用している。iPhone 7リリース日も例外ではないだろう。そうなると、2016年9月iPhone 7の姿が見られる。iPhone 6sのリリース日は9月10日、発売日は9月25日なのである。では、iPhone 7発売日はリリース後数日後のことだろうか

【関連トピックス】iPhoneモデルに乗り換える時のヒント

iPhone6s評価・口コミニュース|iPhone6s不具合まとめ

詳細比較:iPhone6対iPhone5s-良い点と悪い点をチェック!

iPhone 6メリット・デメリット情報一覧

アップル対ソニー:最新モデルのiPhone6s Xperia Z5どっち

iPhone6対Xperia Z3:iPhoneとSony勝つのはどちら

【最強の宿敵】Xperia Z5 Premium vs iPhone 6s Plus

iPhone派?Android派?面々でのiPhone Android違いをお届け

生い立ちと成長からのXperia iPhone違い

新型スマホがてんこ盛り!iPhone6用ケースをはじめ、新型スマホ用のケース満載

iPhoneの自作着信音を作成と設定する方法を紹介!

定番iPhoneアプリまとめ!無料 iPhone人気アプリ&有料 iPhone人気アプリ

もっと見る>>


[PR]
by laura1988 | 2015-10-12 16:01