Macの専門家

macsoftare.exblog.jp

Mac os Xの環境で使えるソフトウェアを探してみましょう。

MacX DVD Ripper Pro for Windowsの使い方完全活用ガイド

元記事を読む


http://macxdvd.com/blog/excellent-macx-dvd-ripper-pro-for-windows-tutorials.htm



MacX DVD Ripper Pro for Windowsを初めて使われる方を対象としてその使い方について解説




MacX DVD Ripper Pro for Windowsとは何か?


MacX DVD Ripper Pro for Windowsは、DVDをISO/ハードドライブにコピー、DVDディスクをMP4、MOV、AVI、WMV、FLV、M4V及びそのほかの今流行っている形式に変換できるソフトウェアである。オペレーティングシステムはWindowsだけ。どういう魅力かというと、様々なDVDコピーガード解除ソフトはMacX DVD Ripper Pro for Windowsが動作することによって、CSS、CPRM、RipGuard、Sony ARccOS、DVD MAGIC、マクロビジョン、CGMS、DTCP、リージョンコード、ディズニーコピープロテクションのかかったビデオをそのまま扱えるところ。その他に、2015年最新のDVDコピーガードであっても、回避でき順調的にDVDコピー・リッピングを行える。以下では、MacX DVD Ripper Pro for Windowsの主要な機能及びMacX DVD Ripper Pro for Windowsの使い方完全活用ガイドについてご紹介する。


MacX DVD Ripper Pro Windows版評判


良い点


ほぼ全てのDVDにかかっているコピーガード(リージョンコード、DVD CSS、RCE、CPRM、RipGuard、Sony ARccOS、DVD MAGIC、マクロビジョン、CGMS、DTCPなど)を解除できる。


DVDディスクを完璧にコピーできる。DVDディスクのフルコンテンツをUDF ISOイメージファイルへコピーしてから、仮想ドライブをマウントでき、空のDVDに書き込める。その他、高品質なビデオ画質、オリジナルの字幕、5.1 AC3サラウンドとDTSオーディオを保つままでDVD全タイトル又はメインコンテンツをシングルのMPEG2ファイルにコピーできる。


DVDディスクを如何なるビデオ・オーディオ形式(例えば:MP4、MOV、AVI、WMV、MKV、FLV、M4V、MP3、AAC、 WAVなど)にリッピングできる。


様々なデジタルデバイスにサポートする。MacX DVD Ripper Pro for WindowsはiPhone 6、iPhone 6 plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s、iPad Air 2、iPad mini 3、iPad mini 2、iPad 4、iPod、Xperia Z4、Xperia Z3、Galaxy S6/S6 Edge及びそのほかのデバイスをサポートし、変換されたビデオ・オーディオファイルをそれらのデバイスで楽しめる。


数多くの創造的で、実用的な編集機能を持つ。出力されたビデオをカスタマイズできる。例えば:ビデオの長さをトリム、複数のDVDカットを一つ新たなファイルに結合、自分の気になった画像でウォーターマークを追加、ビデオビットレート/フレームレート/アスペクト比を調整、チャンネル/サンプルレート/オーディオエンコーダーを調整、スナップショットなどができる。


すぐ購入ボタンを押すと、MacX DVD Ripper Pro for Windowsライセンスコードが入手でき、半角数字でライセンスキーを入力してアクティベーションできる。それで、生涯無料アップデート権を使える。


惜しい点


日本語は文字化けする


細かい設定や編集はできない


DVDディスクのコピー・リッピングができるが、BDのリッピングとコピーができない。


Windows 10/8/7/95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008上で使えるが、Mac OS Xでは使えない。Macユーザーは、Mac版をインストールしてください。


MacX DVD Ripper Pro Windows版評判(メリット・デメリット)を了解してから、ソフトウェアのダウンロード、インストール、使い方(DVDコピー・DVDリッピング)など役立つ小技をご紹介する。


MacX DVD Ripper Pro for Windowsの使い方その1


MacX DVD Ripper Pro for Windowsインストール方法



MacX DVD Ripper Pro Windows版の公式サイトを開き、「ダウンロード」と書かれたボタンをクリックして、MacX DVD Ripper Pro for Windowsの最新バージョン7.6.4「macx-dvd-ripper-pro-for-windows.exe」を適当なフォルダにダウンロードする。ダウンロードが完成してから、指定した保存先からダウンロードしたプログラムをダブルクリックして起動し、その後画面の指示に従って「次へ」をクリックしていくだけで、MacX DVD Ripper Pro for Windowsインストールがスタートする。


上記の操作が終わってから、インストールファイルの展開がスタート。少し時間がかかるので、暫くお待ちください。インストールが完了したら、「完了」をクリックすればインストールは終了。(「MacX DVD Ripper Pro for Windowsを実行する」にチェックを入れると、インストールが完了した後、ソフトウェアが自動的に実行される。)


MacX DVD Ripper Pro for Windowsの使い方その2


MacX DVD Ripper Pro for Windows各種設定



無事にインストールした後、MacX DVD Ripper Pro Windows版の初期設定方法を説明していく。


MacX DVD Ripper Pro for Windowsのショートカットアイコンをダブルクリックして、MacX DVD Ripper Pro for Windowsを実行させてください。


1.言語設定


ソフトウェアを起動した後、右上にある「?」アイコンをクリックして、ソフトの表示言語を変更できる。


2.出力パラメーターを設定する方法


自分の必要に応じて、ビデオ解像度、ビデオビットレート、フレームレート及びビデオオエンコーダー、アスペクト比を調整したい、あるいは、チャンネル、サンプルレート、オーディオエンコーダー、オーディオビットレートを調整したい人は、要チェック!


「設定」アイコンをクリックして、出力パラメーターを設定できる画面が表示する。そこで、自由に出力パラメーターを設定できる。


3.ビデオ効果を編集する方法


ビデオ効果を簡単に編集したい人はこちら。ビデオの長さをトリム、複数のDVDカットを一つ新たなファイルに結合、外部字幕を追加できる。


「オプション」⇒「General」からオーディオ言語を「Japanese」に変更する。おそらく2ヶ国語以上が入ったビデオの場合、これで日本語音声になるのだと思う。


字幕追加、ビデオサイズ調整、結合、トリムなど、ビデオ効果を編集したいのなら、下に示した図をご参照ください。


動画の画面サイズを変更したいなら、「クロップ&拡張」タブをクリックし、「クロップ設定を起動」にチェックを入れるか、又は位置、サイズに適当な数字を入力するか、自由に好きな画面サイズを変更できる。


字幕を追加したい場合、「字幕合成」タブをクリックし、「字幕合成設定を起動」と「外部字幕」にチェックを入れて、「追加」ボタンをクリック、外部のSRT形式の字幕を読み込む。


ビデオの長さをトリムしたい場合、「トリミング」タブをクリックし、「トリム設定を起動」にチェックを入れて、開始時間/終了時間を直接設定するか、再生しながらビデオプレビューウィンドウの下にあるスライドバーを左右にドラッグするか、DVDから欲しい部分だけを切り出すことができる。


4. プレビューとスナップショット


MacX DVD Ripper Pro for Windowsは内臓プレーヤーが付いているので、ソースファイルと出力されたビデオの効果が確認できる。また、プレビューしながら、ユーザーは自分のお気に入る映像をキャプチャしてイメージとして保存できる。


他にもいろいろな機能がある。ユーザーはお好みによって選択できる。例えば、プレビューアイコンの下にある「高品質エンジンを使用」「インターレース解除」「セーフモード」「CPUコア使用数」にチェックを入れることによって、不思議的な速度且つ素晴らしい品質で、DVDコピーやDVDリッピングを行える。



MacX DVD Ripper Pro for Windowsの使い方その3


MacX DVD Ripper Pro for WindowsDVDをコピーする方法



ステップ1:左上側にあるディスク/イメージ/フォルダをクリックして、ソースファイルから読み込んでください。


ステップ2:DVDコピーガードが解除されると、出力プロファイルウィンドウが出てきた。そして、「DVDバックアップ」→「メインタイトルコンテンツコピー」→「OK」とクリックする。


ステップ3:既定の保存先でも問題ない場合は、保存先を再設定する必要がない。特定のフォルダに保存したい場合は、「ブラウザ」ボタンをクリックして、出力映像の保存先を変更することができる。


ステップ4:上記の設定が完了したら、右下側にある「RUN」ボタンをクリックすると、Windowsでコピーガード付DVDの複製が始まる。(メモ:RUNボタンを押す前に、上側にある「セーフモード」と「高品質エンジンを使用」にチェックを入れておいてください)。


MacX DVD Ripper Pro for Windowsの使い方その4


MacX DVD Ripper Pro for WindowsDVDをスマホに取り込む



ステップ1:左上側にあるディスク/イメージ/フォルダをクリックして、ソースファイルから読み込んでください。


ステップ2:DVDコピーガードが解除されると、出力プロファイルウィンドウが出てきた。そして、「Appleデバイス」→「iPhone動画へ」→「iPhone6,Plus(MPEG4)」→「OK」とクリックする。


ステップ3:既定の保存先でも問題ない場合は、保存先を再設定する必要がない。特定のフォルダに保存したい場合は、「ブラウザ」ボタンをクリックして、出力映像の保存先を変更することができる。


ステップ4:上記の設定が完了したら、右下側にある「RUN」ボタンをクリックすると、Windowsでコピーガード付DVDをiPhoneに取り込む。(メモ:RUNボタンを押す前に、上側にある「セーフモード」と「高品質エンジンを使用」にチェックを入れておいてください)。


MacX DVD Ripper Pro for Windowsの使い方その5


MacX DVD Ripper Pro for Windowsの購入方法





① 、ソフトウェアの公式サイトにアクセスして、「すぐ購入」ボタンを押す。


② ソフトウェアを再起動し、MacX DVD Ripper Pro for Windowsライセンスコードを入手する画面が表示される。


③ ソフトウェアの一番上にある「登録」アイコンをクリックすると、MacX DVD Ripper Pro for Windowsライセンスコードを入手する画面が表示される。


上記のMacX DVD Ripper Pro Windows版評判、MacX DVD Ripper Pro for Windowsインストール方法、MacX DVD Ripper Pro for Windowsの使い方、各種設定方法、購入方法を参照しながら、初めてMacX DVD Ripper Pro for Windows を使う人であっても、簡単に操作できると思う。


[PR]
by laura1988 | 2015-07-20 12:25 | DVDリッピング